ドルゴMalus x 'Dolgo' は、Dolgo Crab、鈴鐺果(Ling Dang Guo)、ドルゴクラブ などと呼ばれます。1897(明治30)年に、アメリカのN.H.Hansen氏が、ロシアのSt.PetersburgのImperial Botanical Gardensで採集し、学名をMalus x 'Dolgo' N.E.Hansen 1897 とします。これがアメリカに持ち込まれ(文献1)、South Dakota 州Brookings のSouth Dakota 農業試験場で育成・研究されて、1917(大正6)年に、広く知られるようになりました(文献2)
 
 日本へは、1960(昭和35)年に、青森県りんご試験場(現・りんご研究所)がアメリカから導入しました(文献2)
 酸味が強く、ゼリー用などの加工原料にします。8月中旬には暗赤色に熟し、8月末になると過熟となり、樹上でお酒の香りを放ちながら腐りはじめます。果肉はやわらかく、赤くはありません。花粉樹として活用されているそうですが、北海道の林檎屋さんのホームページに「この小さなドルゴの熟れた果実で作ったジャム・ゼリーは絶品ですよ」という記事がありました。実際に、弘前市りんご公園からいただいた果実を、写真撮影後に加工してみました。

 果皮のまま土鍋で煮て柔らかにし、ろ過後に蔗糖を加えて、15分ほど掻き混ぜながら弱火で加熱したものが右上の写真です。果肉に色がありませんが、果皮からの色で濃赤色になり、簡単に大量のペクチンが出てゼリー化し、風味のある、酸の効いた、上等なジャム、いや、プルン・プルンのゼリー状になりました。おいしかったですよ。
  
「弘前市りんご公園」と中土手町にある「弘前市まちなか情報センター」で栽植・展示しているのが観察しやすいと思います。葉と果実は、弘前市りんご公園からいただきました。

(文献)   1  Fr.John Fiala  Flowering Crabapples The Genus Malus p.177 Timber Press 1994
   2  リンゴ品種大観 長野県経済事業協同組合連合会 昭和61年8月