エゾノコリンゴMalus baccata var. mandshurica は、わが国の本州中部地方以北から北海道それにサハリンや朝鮮半島、中国東北部、ウスリー地方に分布しています。林縁や河岸などに生え、高さは5〜10mになり、樹皮は灰褐色で、成木になると縦に裂けます。寒さに強い野生のリンゴで、北海道では平地にもたくさん見られます。青森県での自然分布は、下北半島と三戸郡の太平洋側の極く限られた地域だと言われています。
 花つきは総じて良く,春には枝先にびっしり咲いた花で樹冠全体が真っ白になることも珍しくありません。秋には赤い小さな実をたくさん着けます。そのため、北海道では街路樹として用いることも多いようで、 人家に植えられたり、並木にしたりします。また、栽培りんごの台木として使われたことがあります。


 エゾノコリンゴズミとはよく似ていますが、次のような違いがあります。
@  新梢に付く葉を比べると、ズミでは深い切れ込みがある葉が珍しくありませんが、エゾノコリンゴには見られません。
A  花弁や花梗の長さはエゾノコリンゴの方が、ズミより少し大形です。
B  ズミの開花まえの蕾は赤色ですが、エゾノコリンゴは白〜淡紅色です。
C  花が開いたところを比較すると、ズミのおしべはかなり長く、花の中心部でパット広がった感じですが、エゾノコリンゴは短く、上の写真のように、花の奥の方にまとまっている感じです。









  学名には Malus baccata (L.) Borkh. var. mandshurica (Maxim.) C. K. Schn.と、そのSynonymのMalus mandshurica (Maxim.) Kom.とが使われています。両方ともエゾノコリンゴのことです。

 
地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所(旧・青森県りんご試験場)前庭と弘前市りんご公園で栽植・展示しています。葉と果実は弘前市りんご公園からいただきました。