マルス・コロナリアMalus coronaria は、Wild sweet CrabappleAmerican crabapple などと呼ばれているアメリカ原産の野生のりんごで、いろいろな亜種や変種が見られるそうです。
 比較的短い幹をもち、頑丈な枝を広げ、高さも幅も9mにまで成長し、こんもりとした樹形を作ります。幹は割れ目のはいったラフな樹皮をもち、灰色ないしは赤褐色をしています。
 アメリカ東中部のオンタリオ、アメリカ・オハイオバレーと五大湖地方原産の木ですが、いまではアメリカ中央部から東側に広く分布し、森の境界付近や湿った土地で生育しています。
 果実は装飾物として広く使われています。また、一般にリンゴの仲間はペクチンに富んでいて、ジャム、ゼリーなどを作る際の添加物として使われますが、この野生リンゴもまた、保存食品の添加物として活用されます。
 収穫直後は、酸味が多く、硬くて、風味がなく、生食には向きませんが、地面の下に冬の間、埋めて追熟させて酸味を弱め、生食もするということでしたので、冷たい場所に、乾燥しないようにして、一冬放置してみました。写真のように、たくさんの蝋質物で、表面がねばねばし、よい香りがしてきましたので、期待をもって食べて見ました。食べられないことはないのですが、あまり美味しいものではありませんでした。
 アメリカでは、苗木・栽培業者は、栽培りんごの台木として活用します。また、この木の材は商業的な価値を持ちませんが、木彫りのために使います。

 熟した果実は自然に落下しますので、青森県では10月下旬になると、樹下は緑の果実で敷き詰められます。アメリカでは、鹿やアライグマのような哺乳類は落ちた果物を食べるそうで、リスは種子を好むということです。ですから、地上の動物(哺乳類)に種子を分散してもらうように進化したリンゴなのでしょう。林檎の檎は、木と禽(鳥のこと)とでできています。樹上で完熟しても落下しないリンゴは、鳥類に種子を運んでもらうように進化したものと思われます。鳥は高いところを飛びますのでよく目につきますから、檎という字もできたのでしょうね。

 標準和名があるかどうか分かりませんが、Malus coronaria として日本語検索するとアメリカ姫リンゴが、また、アメリカ姫リンゴとして検索すると Malus coronaria がでますので、このホームページでは、アメリカ姫リンゴを和名として使わせてもらいました。何かご存知の方がおられましたら教えて下さい。日本へは、どのようにして移入されたかは、まだ調べが付いていません。

 地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所(旧・青森県りんご試験場)前庭に栽植・展示されています。葉と果実は、青森県りんご研究所からいただきました。

 (文献)  Fr.John Fiala  Flowering Crabapples The Genus Malus p.123
                              
Timber Press 1994