ジェネバMalus'Geneva' は、カナダ・Ontario州 Ottawa の中央農業試験場で育成しました。野生種 Malus pumila var.niedzwetzkyana の自然交雑実生で、1928(昭和3)年に選抜され、1930(昭和5)年に発表されています。
 日本へは戦後、弘前大学の沢村健三氏によって導入されました
(文献)が、いまは弘前大学の圃場には栽植されていないそうです。
 9月中旬、
弘前市りんご公園にある「クラブりんご」のコーナーで、樹の下に100〜150g 程度の赤いりんごがたくさん落下していました。観光客に踏まれて割れたのでしょうか、中まで真っ赤で、興味がありましたので、観察してみました。切っておいてもあまり変色しません。写真のように中まできれいな真っ赤です。食べてみましたら、さっぱりした酸っぱさで、あまり甘くありません。工夫すれば面白い加工品ができるような気がします。
 りんご公園の専門家に伺いましたら、外国では花粉樹としても植えられているということです。
 インターネットでジェネバと検索すると、いろいろとでてきます。 日本でも、果肉が非常に赤く、酸味の強い性質を利用して、赤いシードルを作って地域起こしをはかっているところもあります。 
 葉と果実は、弘前市りんご公園からいただきました。
          

(文献)   リンゴ品種大観 長野県経済事業協同組合連合会 昭和61年8月