新疆野苹果の野生での分布地域
南カザフスタン、キルギス、タジキスタン、中国(新疆)など


 新疆野苹果Malus sieversiiは、南カザフスタン、キルギス、タジキスタン、および新疆など、中国を含む中央アジアの山に自生している野生リンゴです。
 この野生リンゴは、青森県内にも移入されてはいますが、一口に新疆野苹果 といっても、遺伝的に多様なようです。
 

 新疆野苹果が本県に導入された経緯は次の通りです。1987(昭和62)年秋に、福島県果樹試験場(現・福島県農業総合センター果樹研究所)にいた国沢氏から、青森県りんご試験場の石山正行氏に、電話で新疆野苹果の引き受けについて要請され、りんご試験場にも、当時、圃場に余裕がなく、石山氏は、板柳町ふるさとセンターなら圃場に余裕があろうと、板柳町の竹浪春夫町長に連絡したところ、すぐに2 トントラックを走らせてということです。
 福島県果樹試験場から、根が着いた幼木(5年生位?)10本ほど貰い、運搬してきましたが、樹体が車の荷台からはみ出し、大変だったそうです。りんご試験場では、板柳より「紫花」と「白花」の2系統を導入しました。
 福島県果樹試験場では、試験場の職員が天山山脈に行き、種子を持ち帰って養成したようです。

 そのうち、無事、板柳ふるさとセンターに根付いたもの7本(上の写真No.1〜No.7)が、構内の品種見本園に栽植・展示されています。写真は、板柳町ふるさとセンター前の道路から、正門に向かって撮影したものです。この細長い写真は、10枚の写真を無理に結びつけたもので、少し不正確です。
 
展示されている圃場の前には右のような説明板がありましたので、
新疆野苹果前の説明板
板柳ふるさとセンター品種見本園

観察させて頂きましたが、果肉だけでも、淡赤、赤黄、淡黄、淡緑、白と、調査したすべての樹ごとに違いがありました。
 果実が大きいもの、小さいもの、表面に白い粉がたくさん付いているもの、表面がテカテカに光るもの、果実の形が扁円のもの、円錐のもの、成熟落果の著しいもの、成熟しても落果しないもの、芳香を出す果実、蜜のあるもの、無いものなど多様です。成熟期もいろいろです。
 栽培リンゴには多様な形質がありますが、この新疆野苹果も極めて変化に富んだグループのようです。
 ですから、右の説明板にあるように、「有紅果子」「黄果子」「緑果子」「白果子」等のような呼び名があるのでしょう。自然に生えている新疆野苹果が、すべて食用になるのかどうかはわかりませんが、板柳町ふるさとセンターにあるものは、渋味もなく、すべておいしく食べられました。
 専門家の話によると、中国では、近年、遺伝子源の保護に力をいれ、自国の遺伝子源を国外に持ち出すことを極力抑制しているそうで、新疆野苹果を手にいれることは、今では不可能になったということです。果実は、板柳町ふるさとセンターと黒石市バイオ技術センターからいただきました。

 今まで、栽培リンゴ(Malus domestica) は、様々な野生種の偶然の交配結果から生じたものと思われていました。しかし、最近のDNA分析の結果、この交配理論が誤っているのではないかと思われるようになりました。
 新疆野苹果 Malus sieversii は、前述のように、ヨーロッパとアジアの境界である中央アジアに自生する野生リンゴで、最近、果実を食用にする栽培リンゴ(Malus domestica) の殆どすべての品種の唯一の先祖ではないかと考えられるようになりました。
 Malus sieversii は、1833年(
日本では天保3年:11代将軍徳川家斉の時代)に、アルタイ山脈でこの植物を発見したドイツの博物学者Carl Friedrich von Ledebour によって、Pyrus sieversii として最初に記載されました(属名はその後変更されています)。
 中国北西部とカザフスタンとの境界にあるTienShan山の北スロープのIli Valley に生えているある種のリンゴは、私たちが現在食べているリンゴの先祖です。それらから取られたDNAが分析されました。その結果、Malus sieversii と同じであり、現在の栽培リンゴMalus domestica のものとも共通であることがわかりました。
 また、Malus sieversii は、栽培リンゴ同様に、5〜12mまで成長する落葉樹ですし、果実も栽培リンゴ並みに大きくなるものもあり、最大径7cmのサイズのものもあるとのことです


〈文献〉  1  S.A.Marris, J.P.Robinson &B.E.Juniper  Genetic clues tothe origin of the apple
                              
TRENDS in Genethic Vol.18No.8 August 2002
 2  Malus sieversii  http://en.wikipedia.org/wiki/Malus_sieversii