レッドフィールドMalus 'Redfield' は、果肉が深紅色の、重さ100g程度のやや大きいクラブりんごです。果実だけではなく、花も赤く、幹や葉にも赤味がさします。生食には適しておりませんので、日本では観賞用のリンゴとも言われていますが、欧米では、焼きリンゴ、ゼリー、赤いりんご酒の原料のほか、ブレンドしてピンク色の加工品を作る原料など、料理用に使われるとありましたので、自宅でジャムを作ってみましたら、赤い色の、舌触りもよいおいしいジャムでした。
 熟するのは10月末か11月初めです。各種の病気に抵抗性のある品種です。
 米国・ニューヨーク州ジェノバのニューヨーク農業実験所で、Wolf River Apple
(注)Malus niedzwetzkyana (文献2)との交配の結果生じた品種で、1938(昭和13)年に公表されています。日本へは、1972(昭和47)年に、農林省園芸試験場が、アメリカから導入しました。
 地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所(旧・青森県りんご試験場)の前庭に栽植・展示されています。葉と果実もそこからいただきました。

(注) Wolf River
 カナダ・ケベック州からの移民であるWilliam Springer 氏が持参したリンゴ(品種はアレキサンダーと思われている)の種子をアメリカ・ウイスコンシン州フレモントのWolf River 沿いに新しく開拓した農場に播種し、生じた実生の中からW. Springer 氏によって選別されたもので、1881年にはすでに知られていた古い品種です。
 450g以上にもなる、緑の地色に赤い色の果実を着けるリンゴ。クリーム色の果肉は、やわらかく、しかも多汁ですが、酸味もあり、粗で、生食には適さない料理用のリンゴ。


 (文献) The Rosetta Apple
http://www.greenmantlenursery.com/fruit/rosetta-apples.htm