ヴァン・エセルタイン Malus 'Van Eseltine' は、米国・ニューヨーク州ジェネバのニューヨーク農業実験所で、 Glen P.Van Eselstine氏 によって、アーノルド・クラブアップル Malus x arnoldianaホンカイドウMalus spectabilis との交配が1930年に行われ、その実生から選抜された特徴的な交配種で、日本語では、ヴァン・エセルティンファン・エセルティーンヴァン・エセルタインバン・エッセルテンなどいろいろな呼び方があるようです。
 上の写真のように、枝が横に伸びず、まっすぐ上に伸長します。そのため、時間が経つと、樹形全体が大きい壷状の特殊な形になりますし、八重の花をたくさん付けます。
 Web siteで調べると、英語・ドイツ語・フランス語などでの記載がたくさんみられますので、欧米では普及した交配種なのでしょう。花や樹形を楽しむために庭園に植える観賞用リンゴで、いろいろな品種があるようです。果実は黄色で小さくて貧弱です。
  地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所(旧・青森県りんご試験場)前庭と板柳町ふるさとセンター品種見本園で栽植・展示しています。果実と葉は、青森県りんご研究所からいただきました。

  (文献) Fr.John Fiala  Flowering Crabapples The Genus Malus p.225
                                               Timber Press 1994