バージニアクラブVirginia Crab は、別名Hewe's Crab としても知られています。名前のように、アメリカ・バージニア州原産の古い品種で、1817年にはその記載が見られるとのことです。今でも、100歳以上の大きい樹木が見られるということです。
 黄色地に幅の広い淡赤色の不明瞭な縞模様が見られる、50g 程の丸くて小さい果実をつけます。黄色地にほんのりと赤い色が着いて美味そうですし、実際に、生で食べてみると、果肉の舌触りは悪くありません。シャキシャキした感じです。酸味・甘味とも十分で、渋味はまったくありません。味もなかなかのものです。
 いろいろなリンゴを試食してもらっている仲間から、「この小さいのが一番うまい。これが本当のポケットリンゴた」との感想をもらいました。
 
花も見事で、香りのよい大きい花を、毎年、多数咲かせます。
ただし、果実が熟すと、落下する性質があるようで、9月中旬には、樹の周りにたくさんの落ち実が見られました。また、雨が降ると裂果がよく見られます。
 アメリカでは、リンゴ酒の原料として使われます。特徴のある、独特の辛口のりんご酒ができるということです。
 アメリカ第3代大統領 トーマス・ジェファーソン氏は、自宅のあるモンティセロの農場に、いろいろなリンゴを植えていましたが、りんご酒用としての種類のうちの主要な一つだったということです。
 1951(昭和26)年に、青森県りんご試験場(現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)が、アメリカ・スターク商会から苗木を導入しました。今でも、研究所正門右手に植えられていて、たくさん果実をつけているのを誰でも見ることができます。
 その樹の枝をもとにして作られた苗が、1997(平成9)年に、青森市浪岡の道の駅りんご畑に多数植栽され、上図のように、公開されています。
 写真の果実は、
2007(平成19)年9月23日に、道の駅浪岡で、販売されているのを購入したものです。
 

 〔文献〕  Vintage Virginia Apples
http://vintagevirginiaapples.com/apples/vacrab.htm