標準和名のズミは、樹皮を染料に用いたので、スミ (染み) が転化したものとも、酸っぱい果実の、スミ (酢実)の意味とも言われます。
 しかし、リンゴ関係者間では、ミツバカイドウまたはサナシとしても知られています。
 この他に、ヒメカイドウヤマナシコリンゴミヤマカイドウなどの別名があり、甲信越地方から東北、北海道にわたって自生する、野生のクラブりんごで、右の写真のように、秋には、たくさんの小さい赤い実をつけます。

 
学名は
Malus sieboldii (Regel) Rehder と記されている図鑑 (文献12 ) と、Malus Toringo (Sieb.) Sieb とある図鑑 (文献3、 4 ) がありますが、学問的な詳細についてはわかりません。ここでは、青森県りんご試験場の表示に従います。
 栽培りんごより、やや小振りな、白い花をたくさん咲かせる高木ですが、自然界では、変異の幅がひろいようです。青森県でも、花の季節に、国道4号線を車で走ると、車窓からでもよく見かけます。八甲田山麓、田代平など、標高の高いところでは、低木状のものが多く、レンゲツツジより、数日早く花を咲かせます。
 環境によって、低木状にも、
10mほどの高木にもなりますが、新梢につく葉には、裂片葉が見られるという特徴があります。また、果実からは、萼片が離脱して落ちてしまいますので、成熟した果実には、萼は残っていません。
 青森県では、かつて栽培りんごの台木として利用されましたので、りんご栽培者間では有名です。ズミは、挿し木や取り木などの栄養繁殖ができませんので、実生から育てた若木が、栽培りんごの台木として使われました。この植物の果実も種子も小さく、扱いにくく、実生の生育は不揃いで、台木を育てるのには苦労したようです。
 野生でたくさん見られますが、青森県りんご試験場(現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)前庭にも、栽植・展示されています。葉と果実は、青森県りんご研究所から、いただきました。

 細井幸兵衛氏の青森県野生植物目録1994によれば、青森県下にはリンゴ属の野生種は次の3種となっております。 A は希産種、C は普遍種です。
エゾノコリンゴ 
Malus baccata (L.) Borkh. var. mandshurica (Maxim.)C.K.Schn.,A,2612
キミズミ 
M. toringo (Sieb.) Sieb.,A,2613
ズミ 
M. toringo (Sieb.) Sieb.form. koringo (Koidzumi) T.Shimizu,C,2614
 氏によれば、エゾノコリンゴは、八戸種差海岸と佐井に僅かに分布するだけとのことです。


 (文献)  1  北隆館 原色樹木大図鑑
   2  誠文堂新光社 有用樹木図鑑
   3  保育社 原色日本植物図鑑 木本編[U]
   4  平凡社 日本の野生植物 木本T