樹上のあおもり乙女(ミニふじ)
2010年10月14日撮影
 あおもり乙女 商品名 ミニふじ は、青森県三戸町の水野益治ますじ氏が育成したりんごです。
 果実は長円錐形、60〜80g のクラブりんごで、王冠がはっきりしています。糖度は萼側の果肉で17%と高く、果梗側でも16%程度あります。酸味が適度で、肉質の硬めな、保存のきく、うまいりんごです。10月末頃には美しい赤色になり、収穫できますが、11月に入ると落果が見られるようになります。
 果実が葉にかくれると、その部分が着色しないので、果実の周りの葉を適当に摘み取る必要があり、また、遅く収穫すると蜜が入りますが、遅すぎると果実表面が黒くなり、美観が損なわれるとのことです。
 
試食したところ、果肉は少し硬く、歯ざわりもよく、甘みも十分、酸味も心地よいりんごです。苦味もなく、皮もあまり硬くなく、とても食べやすいと思いました。

 しかし、残念ながら、益治氏は2005(平成17)年3月に、51歳の若さで病死してしまいました。氏は、病気が見つかり、入院後、あまり間をおかずに亡くなられましたので、交配の記録などは、残された人が利用できる形では残っていないとのことで、交配親などの育種過程については不明です。
 現在の栽培者は、ご高齢のご両親・水野益栄(ますえい)氏としげ夫人並びに益治氏の奥様修子氏です。
 水野益治氏は、名久井農業高校を卒業後、黒石市の県りんご試験場(現・産業技術センターりんご研究所) で、1年間、研修を受けてから農業につき、リンゴやサクランボの栽培に精力を傾けた卓越した篤農家です。若者同士で研究グループをつくり、活発な活動をしていました。特徴あるリンゴの育種にも熱心で、特に小形で美味い実をつけるリンゴの育種に力を注ぎ、自宅の圃場には、今でも、品種名がついていないリンゴが30〜40種類ほどが、そのまま栽培され続けているそうです。ご両親は、良くないものを伐採しようかとも思うそうですが、切る決心がつかないとのことででした。

 水野家では、これらの小形りんごの中の一つで、上の写真にあるような品種を、ミニふじの商品名で、2001(平成13)年から、東京の高級果物店に、農協を通して、毎年、相当量を納めているそうです。
 2012(平成24)年に、野村園芸農場で、水野氏より全権利を取得し、あおもり乙女という商標登録を申請中です。今後はこの商標でも流通するものと思われます〈文献〉
 
 あおもり乙女ミニふじ)は、今では、右図のように矮性台木にふじを中間台木として栽培されています。

 しかし、水野益治氏は、当初、このリンゴを、下の写真のように、圃場に植栽されているふじの樹の上の部分に高接して栽培していたそうです。ミニふじの名前も「ふじの樹に高接した小さいりんご」という意味でミニふじと呼んだのでしょうか。育種した益冶氏がこの世におられませんので確かめる術はありません。
 
〈文献〉 :野村園芸農場 果樹夢世界 2012AUTUMN2013SPRING


 
水野益栄氏のご好意で、亡くなったご子息益冶氏が育成したいろいろなりんごを見せていただきましたが、その中から、2015年までに、11 種類の果実を分けていただきましたので、「水野益治氏育成りんご A〜
として紹介します。
 ただし、A は、すでに述べたあおもり乙女ミニふじ)です。A 以外の B 〜 には品種名がまだ付いていないようです。これらはいずれも、愛玩用ではなく、美味しく食べられますし、個性もあります。もし、これらのりんごがそろって店頭に並んだら、楽しくなるような気がします。


 
 重さ100〜120g のクラブりんご。糖度は15%程度、肉質はジョナゴールドに似ていますが、より固く、味は少し違います。渋みは無く、さわやかな味の、真っ赤なりんごです。おいしいです。
 食用にも、飾り物にもなり、長期保存が容易な、きれいなりんごで、作りやすく、10月10日頃収穫しますが、果実が落ちやすいそうです。花粉樹にも向いているとのことでした。正月に、鏡餅の上に飾りたいという人がたくさんいました。部屋に放置しておくと、ろう(蝋)質物がでて果実表面がテカテカ光ってきます。


 重さ50g程度のかわいいりんご。糖度11〜12%程度。皮に少し渋みがありますが、味も肉質も結構です。

 
 甘味の強いりんごで、糖度は20%を超えます。酸味も強く、味が極めて濃厚です。熟して食べごろになるのが、2月過ぎになるそうです。20〜25g程度ですが、食べると、まるで、水気の多いお菓子です。加工用にもよいかもしれません。

 40〜50gの黄色いりんご。糖度13%程度です。皮ごと食べても美味しいりんごです。上品な味がします。


 80〜90gの、姿・形が王林よく似たミニりんご。糖度15%で、酸味・肉質・香りもよい、うまいりんごです。しかし、味は王林と違います。このまますぐに食卓に出しても十分楽しめます。


 重さ100g程度の長円錐形の果実で、果肉に赤味を帯びることもあり、やや硬く、糖度10%程度です。特別にうまいとはいえませんが、渋みもなく、生で食べられます。また、酸が効いていますので、加工用にもなるかなと思います。
 十分注意して、記録をとりながら写真をとったつもりですが、花の写真が別の品種のものと入れ違っているかもしれません。葉については間違いありません。



 重さ120g前後、大きいもので140g程度です。糖度11%程度ですが酸が強くないので結構食べられます。肉質は良好でです。


 重さ80〜100g程度のやや細長いりんご。肉質良好で、2月末でも、甘さ十分の美味しいりんご。糖度を測定したら16〜17%ありました。


 重さ70〜90gの黄色いリンゴです。肉質や酸味は良好、糖度は約14.5%程度で、見て楽しめる、食べて楽しめるミニリンゴです。

 
 重さ100〜120gの黄色いリンゴ。酸味はあまり強くありませんが、糖度14%程度でおいしく食べられます。王冠がはっきりしています。
 益次
氏が生前に育種し、台木に接いでおいたリンゴが没後に実をつけたものです。

 
 重さ100g程度の、果実全体が「さび」で覆われ、表面ががさがさで色も濁った感じで見かけは悪いのですが、肉質もよく、糖度15%程度で、おいしい、変わったりんごです。
 益次
氏が生前に育種し、台木に接いでおいたリンゴが没後に実をつけたものです。2016年暮れに、水野氏から頂きました。

 栽培者の水野益栄氏には、ご多忙中のところを、2009年初冬と2010年春・秋の三回にわたり、圃場をご案内をいただき、観察・写真撮影の機会を与えて下さいました。 また、たくさんの試食・写真撮影用の果実を頂きました。心より感謝します。