ハナカイドウMalus halliana は、単にカイドウ海棠)とも呼ばれる、中国原産の落葉低木です。中国では広く栽培されている樹木です。日本でもたくさん栽培されており、桜の花が終わった頃、美しい花を咲かせます。花柄は3〜6cm あって長く、1 カ所から 4〜6 個の花が垂れ下がり、やわらかい、女性的イメージを与えます。果実は小さく、もちろん、食用にはなりません。花を観賞するためのリンゴです。

 「海棠の眠りいまだ醒めず」。唐の玄宗皇帝が、楊貴妃を呼びに行かせたところ、お酒に酔って現れた姿を見て言った言葉だそうです。本当かどうかは議論する方が野暮ですね。
 ハナカイドウは中国で最も美しい花の一つとされ、花茎が長く垂れて咲くことから“垂糸海棠”と呼ばれ、美人にたとえるときに使われているとのことです。
 
地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所(旧・青森県りんご試験場)前庭と弘前市りんご公園で栽植・展示しています。葉と果実が付いた枝を弘前市りんご公園からいただきました。