彦根りんごは、滋賀県彦根市で栽培されていた重さ50g程度のワリンゴの一種です。彦根市では昔から、8月のお盆に精霊に供える果物として、欠くことのできない供物だったそうです。
 江戸付武士だった石居泰次郎氏が故郷の彦根に戻り、金5両の借金をして、林檎苗木200本、桐の苗木150本を購入して農園を開いたのが1816(文化13)年のことです。それ以後、1930(昭和5)年頃まで栽培され、彦根りんごとして有名になりましたが、昭和の初めに東北や信州の西洋りんごが進出して来てからは衰退していったそうです。
 それでも彦根市中藪町の八木原太郎作氏は、最後まで保存に尽力されましたが、1955(昭和30)年頃には彦根で栽培されているものはすべて枯れてしまったようです。

 この途絶えた「彦根りんご」の復活を目指している人々が集まり、2003(平成15)年6月に「彦根りんごを復活する会」を設立しました。そして長野、東北のりんご研究機関など含めた全国各地から、ワリンゴを譲り受けてはマルバカイドウの台木に接ぎ木して圃場に植え、何年か後に果実が採取できたとき、昔の彦根りんごに一番近い形質をもったものを選択し、「平成の彦根りんご」として復活させようと考えたようです。
 絶滅品種を復活させることで先人達の歴史や文化を学び、地域活性や産業育成を考えようとするものです。
 「本当の彦根りんご」はすでに絶滅して見ることはできませんので、このりんごに関する情報は70歳以上の古老の記憶と、岡島正夫画伯(号は徹州)が描いた水彩画
(文献1)が頼りです。この絵は、終戦後、八木原太郎作氏邸内で、結実した彦根りんごを写生したもので、画伯によれば、この写生画は実物大に、形も色も何の誇張もなく描写したとのお話だそうです。

 「彦根りんごを復活する会」では、古老の意見を聞いたり、上述の水彩画と比較したりしながら選抜を進めていきました。広い圃場には、彦根りんごの苗木だけでなく、研究のため他の品種も多く植えられており、ワリンゴの研究農園のようだということです。また、嘉田由紀子滋賀県知事や獅山向洋彦根市長が植えられた記念植樹もあります。
 近年、ようやく水彩画とよく類似した果実をつける個体を選別・収穫できたということです。いわば、平成の彦根りんごができたわけです。
 2007(平成19)年9月1日の毎日新聞などに “彦根市内で五十余年前まで栽培された「彦根りんご」の復活に取り組む市民グループ「彦根りんごを復活する会」の会長らが31日、収穫したばかりの「平成の彦根りんご」を同市役所に持参。獅山向洋市長が試食し、「彦根の新しい名物に」と話が弾んだ” とあります。
 彦根りんごの収穫は、8月初旬からできるそうですが、完熟するのは8月中旬(お盆の頃)だということです。青森県に比べて滋賀県は暖かいところです。もしこのリンゴを、青森県に植えれば、その完熟期は1ヶ月ほど遅れて、弘前市りんご公園にあるワリンゴと同じ9月中旬頃になるような気がします。
 果形や大きさはワリンゴそっくりです。萼側の窪みに、小さい疣のような淡色の膨らみ(多くて5個、ない果実もある)があるのまでも似ていますが、果皮の色が違います。また、雨にあたると、果皮に、裂け目が入ることが多いそうで、その点も違うのでしょうか。味は彦根りんごの方が良いような気がするのですが…。
 青森県では、大鰐町の大鰐小学校で栽植されています。

 2007(平成19)年9月13日。「彦根りんごを復活する会」の会長さん・副会長さんなどが、研究調査のために青森県りんご試験場を訪れた際に、青森市でお会いする機会に恵まれ、その際、貴重な「彦根りんご」果実を頂きました。また、花の写真をメール添付資料として、葉を郵送して下さいました。

 彦根りんごを復活する会様から、小型の段ボール箱が、届きました。中に、彦根りんご果実、彦根りんごのガラス皿、彦根りんごの携帯ストラップならびに会員各位当ての「彦根りんご・お盆のお供えセット」というパンフレットなどがありました。
 そのパンフレットには、
会員各位
 毎日暑い日が続いておりますが、如何お過ごしでしょうか。
7月31 日に「彦根りんごの収穫祭」を行い、実りの喜びを皆で分かち合いました。当日はまだ実が 青く熟期を迎えていませんでしたので、江戸時代と同じように、お盆前の大潮の日(8月10,11,12日)に、採った実をお供えしていただくことにしました。…略…
 〈彦根りんごのガラス皿〉
 リサイクルガラス工房エヴァーグリーンの安澤久子さん(通称ガラスのおばあちゃん)作で、1ポイントのりんごが可愛い皿です。彦根りんご3個をのせてお供え下さい。
 〈彦根りんごの携帯ストラップ〉
 陶芸家中川一志郎氏作です。彦根りんごグッズの第一号で、可愛いりんごのイメージを大切に、会員ならではの観察力で表現されています。陶器でわれものですので取扱いにご注意ください。

 という意味の記述がありました。会員をまとめ、地域起こしの巧みさが感じられます。お礼の電話を差し上げたところ、「あなたは会員並みだから」ということでした。
2010(平成22)年8月12日
  その後も、いろいろと会員用のグッツを頂きました。その一部を紹介します。これを見ますと、近江商人伝統を受け継ぐ方々の感覚は、やはり、すごいと思います。
 これらの品々は、純粋に会員限定のものとのことですが、私には、いつでも商品化できるような試行・試験ではないかと、いや、今はそうでなくても、そのような胎動があるのではないかと見えてきます。
2013(平成25)年8月18日

 (文献)  1  堀井靖枝【彦根物語】 「林檎・ワリンゴ・彦根りんご」 2006.05.17
   2  井伊直弼公も食した!? 彦根りんご物語 彦根りんごを復活する会発行