ヒメリンゴMalus prunifolia (Willd.) Borkhausen は、中国原産のクラブりんごで、イヌリンゴとも呼ばれ、盆栽にも、街路樹にも使われます。
 春には、白い花を咲かせ、秋には、5 〜20g 程度の赤い果実をたくさんつけます。果実の萼の周りに、数個の疣状の膨らみが見られます。
 11月に食べてみましたが、果肉は、淡褐色がかった黄色で、酸の強いリンゴです。苦味や渋みはなく、おいしい酸っぱさです。昔は、野いちごやハマナスを食べる感覚で、子供たちが食べたようですが、今は、食用のリンゴではありません。姿・形を愛でるためのリンゴです。
 上の写真の 2 枚の葉のうち、細長い右側の葉は、果実がついている部分の近くについていたもの、、左側の大きく幅の広いのは、シュートについていたものです。
 また、このリンゴは、遺伝子分析により、アルプス乙女の花粉親ではないかと言われています〈文献1〉

 青森市田茂木野に、経営者が 4 代目という、老舗のりんご園があります。そこに、お盆に飾る小さなりんごがあるということでお邪魔しました。上の写真右側の古木で、今でもたくさんの実を付けています。お盆の季節には、まだうっすらと色がつきはじめた状態だそうで、希望する方にお分けしてきたそうです。このりんご園に
、かなり昔から栽植されているそうで、ヒメリンゴと呼ばれています。
 9月に入ると、きれいに色が着きます。弘前りんご公園見本園にも、栽植・展示されています。果実の大きさ・形・色などは田茂木野のものによく似ていますが、萼片が少し大きいような感じがします。
また、青森市内の街路樹として、県庁西側や新町にもみられますが、あまり枝を伸ばしていませんので、街行く人々の目を引きません。
 
 しかし、JR青森駅から徒歩数分のところにあるA-FACTORY(シードル工房と地元の様々な食材が楽しめる複合施設)前や、ねぶたの家ワラッセ駐車場には、たくさんの樹が元気に育ち、春には、桃色の蕾や純白の花が美しく、秋には、下の写真のように、赤い実が、たわわに実って人目を引きます。  

 

 
 ヒメリンゴと呼ばれるものには、次の二つがあります。
(1)  中国原産のイヌリンゴMalus prunifolia の別名。
(2)  中国大陸や、日本の北海道、本州中部以北に見られるエゾノコリンゴMalus baccata var. mandshurica と、前述のイヌリンゴMalus prunifolia との雑種で、学名がMalus בcerasifera’で、英名でNagasaki Crabapple(Bonsai Tree)と呼ばれるリンゴも、日本では、ヒメリンゴと呼ばれます。なお、 このリンゴはナガサキズミMalus x micromalus とは異なります。
 リンゴの台木として有名なマルバカイドウ Malus prunifolia Borkhausen var. ringo Asami は、分類学上、ヒメリンゴの変種に位置づけられています。また、ワリンゴの学名を、Malus asiatica ではなく、Malus prunifolia var. dulcissimaヒメリンゴの変種という意味) と記述している図鑑もありますから、この仲間の変異とその詳細な類縁関係をはっきりさせるのはかなり難しいことのようです。〈 文献2、3
 ヒメリンゴMalus prunifolia は、ワリンゴ、リンキ、 リンキンのページに記載した、福島県の須佐屋敷のリンキンや長野県の川上リンキによく似ていると思いましたが、素人の私には、詳しいことは、あまりよくわかりません。

 〈文献〉  1  DNAフィンガープリントによるリンゴ野生種、栽培品種の分類、同定
    
土屋 了、小松宏光、副島淳一、江尻慎一郎、松本省吾 園学雑62.'93〔果樹〕
   2  原色樹木大図鑑 昭和60年5月31日初版 北隆館
   3  原色日本植物図鑑 木本編〔U〕 昭和54年12月1日二刷 保育社