コホクカイドウMalus hupehensis は、日本(熊本・大分:絶滅)、中国に自生しています。欧米では庭木として栽植されています。また、葉がお茶になるということですが、詳しいことは分かりません。インターネットで調べると、中国語の記事がたくさん見られます。
 リンゴ研究者間では、有名な種類で、標準和名はツクシカイドウですが、湖北カイドウで通用します。
 また、この植物は三倍体で、花におしべができるのですが、おしべの葯の中に花粉ができません。授粉が行われなくても果実が成長し、中に種子ができ、この種子に発芽能力があることが知られています。このような生殖はアポミクシス(注)と呼ばれますが、この性質を利用して、遺伝的に均一なリンゴ種子を採取し、その実生から同じ性質の多数の台木が得られないかという研究も行われています。
 湖北カイドウは、高接病ウイルスに敏感で、ウイルスをもった樹から取り出した芽や樹皮を接ぐとすぐ枯死してしまいます。この性質を利用して、ウイルス検定の指標植物としても使われることがあります。
この植物の他にも、次のようなクラブりんごが、指標植物として使われることがありますが、日本では、普通、コホクカイドウが使われています。
トランシトリア Malus transitoria (Batalin) C.K.Schneid. (中国)
シキネンシス Malus sikkinensisi (Wenz.) Koehne (シッキム、ヒマラヤ) 
プラティカルパ Malus coronaria var. platycarpa Fiala (北アメリカ) 
 地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所(旧・青森県りんご試験場)前庭に栽植・展示されています。葉と果実は、青森県りんご研究所からいただきました。

(注)Apomixis
 顕花植物において、受精をともなわない種子生産(無融合種子形成)のことをいう。胚は胚嚢細胞からではなく、珠芯や外皮の減数分裂をしない細胞から作られる。
 アポミクシスによって繁殖をしている植物には、コホクカドウの他に、サンザシ、ナナカマド、キイチゴ、ブラックベリー、セイヨウタンポポなどが知られている。


 (文献)  Fr.John Fiala Flowering Crabapples The Genus Malus
                       
p.133 Timber Press 1994