マカミク Malus x 'Makamik' は、Malus pumila var niedzwetzkyana の自由交雑実生から選抜された交雑種で、カナダのIsabella Preston氏 によって、1933(昭和8)年に、カナダ西ケベック州にある Makamik 湖の名前に因んで名づけられたと言われています。

 春には、パープルレッドの径4.8cm 程の花を付け、芽は赤く、葉も銅赤色ないし赤緑色で美しくなります。
 秋には直径2.5〜3.0cmの赤い実をたくさん着け、病気にも強く、優れた鑑賞樹として外国の公園や庭などを賑わわせています。
 地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所(旧青森県りんご試験場)の前庭に栽植・展示され、春には、毎年見事な花を、秋にはきれいな実をたくさん着けます。
 
葉と果実は、青森県りんご研究所からいただきました。

 (文献) Fr.John Fiala  Flowering Crabapples The Genus Malus p 198
                                
Timber Press 1994