ナガサキズミ Malus x micromalus はカラフトズミ Malus baccata 英名 Siberian Crab )ホンカイドウMalus spectabilis との種間交雑の結果、中国で生じた耐寒性落葉低木で、樹皮は灰黒褐色で、高さは4〜5mになります。したがって野生種は存在しません。牧野富太郎氏、1908(明治41)年の分類によります。
 わが国へは室町時代に渡来し、長崎で広まったのが始まりで、今では各地で植栽されています。
 葉は楕円形から長楕円形で互生し、長さ 2 〜3 p の葉柄があります。短枝の先に淡紅色の花を咲かせます。果実は扁円形で、黄褐色に熟し、結構、美味しく食べられます。
 地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所(旧・青森県りんご試験場)前庭と弘前市りんご公園で栽植・展示しています。
葉と果実は、弘前市りんご公園からいただきました。 

 (文献)  Malus micromalus
  
http://www.backyardgardener.com/plantname/pd_525b.html)