プラティカルMalus coronaria ver. platycarpa は、1912年に紹介された、アメリカのジョージアからノースカロナイナに分布する野生リンゴで、ジョージアクラブアップルGeorgia Crabapple と呼ばれています。
 初めは「独立した種」Malus platycarpa Rehder とされましたが、後に「交雑種」Malus
x platycarpa Rehder とされ、最近は「マルス・コロナリアの変種」Malus coronaria ver. platycarpa と考えられています。
 染色体 4n=68 の自然四倍体と、2n=34 の二倍体が知られていて、Malus coronaria の南方系変種とMalus pumila との交配種とも考えられています。加工して保存食品とされることがあるとのことですが、あまり一般的ではないようです。
 プラテカルパは、高接病ウイルスに敏感で、ウイルスをもった樹から取り出した芽や樹皮を接ぐとすぐ枯死してしまいます。この性質を利用して、湖北カイドウ同様に、ウイルス検定の指標植物としても使われることがあります。
 地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所(旧・青森県りんご試験場)前庭に栽植・展示されています。葉と果実は、青森県りんご研究所からいただきました。


  (文献)  Fr.John Fiala Flowering Crabapples The Genus Malus p.125~126
                                           
Timber Press 1994