寒さに強い、観賞用のクラブりんごです。日本国内の種苗店でも、クラブアップル・プロヒュージョンという名前で購入できます。
 多花生で実つきがよいことから、Profusion (豊富、大量などの意味) の名前が付いたそうです。
 1938(昭和13)年以前、オランダのハーグで、S.G.A.Dorrenbos氏 によって、Malus
x purpurea 'Lemoiner クラブアップル・レモイネ(フランス語読みでルモアン)と Malus sieboldii ズミとの交配が行われた結果生まれた品種です。
 花はやや淡い赤藤色で、若葉は銅緑色から次第に赤茶色を経て、少し赤茶色を帯びた緑になり、秋には直径2cm程度の赤い果実が枝いっぱいに付き、楽しめます。樹は枝分かれして、せいぜい 4〜5m程度になり、大木になりませんので、Web で調べると、欧米では庭園樹として活用されているようです。

 弘前市りんご公園にもありましたが、2008年春には枯死していました。地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所(旧・青森県りんご試験場)と板柳町ふるさとセンター品種見本園で栽植・展示されています。葉と果実は、弘前市りんご公園からいただきました。