ロブスタ Malus x 'robusta'(Carr.)Rehder 1920 は、花や果実を観賞するためのクラブりんごです。カラフトズミ M.baccata ヒメリンゴ .prunifolia の交配の結果生じたものだそうです。
 最初、John Carriere 氏によって学名が付けられましたが、Alfred Rehder 氏によって、現在の名前に変えられました。
 
 径 4cm ほどの果実をたくさんつけますが、写真のように、赤い果実を付ける系統のほかに、黄色い果実を付けるものなど、たくさんの系統があるそうです。しかし、私は、まだ見たことがありませんし、知識もありませんのでよくわかりません。
 樹高6m、樹冠径6mほどの、丈夫なリンゴですので、庭園樹としても活用されています。また、実が遅くまで樹上にあるので、クリスマスの装飾用としても人気があります。
 果実は多汁で酸味が強く、生食や料理用にされることもあるということですが、生食ではあまり感心しませんでした。
 
地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所(旧・青森県りんご試験場)前庭に、赤い果実をつける系統のロブスタが栽植・展示されています。果実と葉も研究所からいただきました。

 (文献)  Fr.John Fiala  Flowering Crabapples The Genus Malus p.144
                                    
Timber Press 1994