日本で、昔は愛でられていたリンゴ
 ワリンゴ、リンキ、リンキン

  日本で林檎の名が出てくるのが鎌倉時代中頃からですから、日本へは平安時代か、鎌倉時代に、中国から日本に移入されたようです。各地でいろいろな変種や品種に分化しり、いろいろな系統のものが移入されたのでしょうか。これらは、明治以前、欧米から、いわゆる西洋りんごが導入されるまでは、林檎と呼ばれていたものです。
 明治になり、例えば、下図右側のRed Astrachanのような、大形の、味のよい西洋りんごが日本に導入されはじめ、今まで林檎と呼ばれて日本で栽培され続けてきたものを区別する必要が生じたため、関係者は、日本で栽培されてきた、いろいろな系統の小粒のりんごを「林檎」、明治以降に海外から導入された西洋りんごを「苹果」と呼ぼうとしましたが、今でははっきりしていません。
 その林檎のうちの、中国や日本に広く分布する、Chinese pearleaf crabappleと呼ばれているものに、Malus asiatica Nakaiという学名(アジアのりんごの意味)が付けられました。

 
 しかし、なぜかこのリンゴの日本語名(和名)が、ワリンゴとなっています。なぜなのでしょうか。詳しいいきさつは、素人の私どもにはわかりません。

 
 お盆には、お菓子や野菜と共に、小さいりんごや右図のようなハマナスの実を仏前に供えます。かなり古くからの習慣のようで、青森県では、南部・津軽共通です。
 お盆の直前に、県内数箇所を調べましたら、下図のような「長円錐形のリンキ」と「円形または扁円形のリンキン」の2 種類の小さな青りんごが店に出ていました。特に、リンキンはいろいろなところで見ることができ、リンキンりんきん林金りんごなどという名前で売られていました。いずれも青森県産とあり、種子が白い未熟な果実です。秋までにはもう少し成長して大きくなり、赤くなるものと思われます。
 販売名が品種名を正しく表しているかどうか不明ですが、古くから日本にあった古い系統のリンゴの仲間が、まだ細々と栽培されているのでしょうか。それともリンキリンキン(りんきん)という古い言葉だけが生きているのでしょうか。なお、販売店ではこの両者を区別して販売していました。
 
 疑問に思いましたので、りんご試験場の方に質問をしたり、パソコンで調べてみましたら、リンキというリンゴが青森県七戸町にある「独立行政法人 種苗管理センター上北農場」にあるらしいことがわかり、訪問して見ることにしました。
 この種苗管理センター上北農場は、いろいろな農作物に関連した植物を遺伝子源として集め、計画的に保存しているところです。また、ジャガイモの原々種を管理・栽培しているところとしても有名で、200ヘクタール以上もの大農場を持つ機関です。所員のお話によると、この農場にはクマやウサギなども出るということです。
 恐るおそる訪れた素人の私どもに、所員の方々は大変親切にして下さいました。そして広い農場をわざわざトラックで案内して、リンキという名前で系統保存している 2 種類のリンゴ属を見せて下さいました。それが次の写真です。
 

 ここで分かったことは、上北農場に保存されているリンキは、ワリンゴ Malus asiatica Nakai の変種に位置づけられ、さらにおのおのが品種に分類されていることです。
 ですから、ワリンゴと呼ばれるものでも、変種の違い、品種の違いといろいろと変異が多く、熟期も、果形も果色も、そして葉にも、いろいろな変異があるのでしょう。
 
 仏前に供えるために、リンキンりんきん林金などとして売られている円形ないし扁円形のりんごは、県りんご試験場と弘前市りんご公園に栽植されているワリンゴの未熟果実や、上北農場のワリンゴ変種リンキ(北農試)の果実(観察時には未熟でした)と酷似していることは確かです。
 また、上北農場のワリンゴ変種リンキ(青り試)は、ヒメリンゴMalus prunifolia (Willd.) Borkhausen ともよく似ています。また、「販売名 リンキ(青森市)」は長野県南佐久郡川上村の川上りんき果実とよく似ているとのことですから、これもワリンゴの仲間なのでしょうか。
 しかし、リンゴ属の分類は、素人の私どもには手に負えませんので、「ここにこんなものがありましたよ」と、事実をありのままお伝えするだけにしておきたいと思います。
 明治以降に、特定の地域Aで使われている名称を参考にして、学者が学問的名称を仮にリンキとしたとしても、別の地域Bで類似のリンゴが生活用語としてリンキンという名前で呼ばれていれば、地域Bの古くからの行事に登場するリンゴはリンキンと呼ばれるはずです。
 日本で、昔から栽培されていたリンゴに、加賀りんご高坂りんご、川上りんき彦根りんごりんきんりんきなど、各地に固有品種や呼び名が残っています。また、観賞樹のウケザキカイドウ(ベニリンゴ) Malus pruniforia Borkhausen var. rinki Reld.の学名の変種名にも「rinki」とありますので〈文献2〉、この仲間はリンキとも呼ばれていたようです。これらのリンゴは、西洋りんごが移入されるまでは、地域ごとに生活に密着し、皆に愛でられていたものだったのでしょう。

 かつて青森県上北郡野辺地町で生活したことがある方が、「野辺地町にはさなしというピンポン玉程度のりんごが売られており、食べて楽しんだし、お盆にはお供え物にもした」と言っておられます。
 植物学的には、さなしはズミMalus sieboldii Rehder の別名で、園芸関係者はミツバカイドウともいいます。ズミの果実は「さくらんぼの種子」程度の大きさで食用にはできませんので、「野辺地町でさなしという植物」はズミでないことは確かです。しかし、北海道と青森県の各一部で、ワリンゴ(和林檎)のことを「さなし」といったという記録があります〈文献3〉ので、「野辺地町でさなしとして市販されていた」のはワリンゴだったのではないかとも思っています。ただし、野辺地町生まれで、いまもそこで生活している数人の知人に伺っていますが、今のところ「さなし」などというリンゴは、聞いたことも、見たこともないという答えのみが返ってきています。

 

 私どものホームページ゙をご覧いただいている福島県郡山市の方から、会津に大きいリンキンの樹があるというメールをいただき、後日、さらに詳しい住所やリンキンの簡単な由来を調べて下さいましたので、2013年10月9日に取材をしてきました。貴重なお知らせをいただき、感謝いたしております。
 上の写真は、福島県大沼郡金山町の須佐家の前にある、リンキンの大きい樹木、その果実や、果実の近くについていた葉です。太い幹の左側で、脚立に登って果実を採ってくださっているご主人の大きさと比べてください。とても大きな樹だとご理解いただけると思います。
 かつて、福島県の地域づくりサポート事業の支援をうけて、金山町では、町中の古木を紹介しようと、町内のヤマナシ、スモモ、ウメリンキンなどの古木に、案内板がたてられたそうです。この老木にも、ご覧のような、高さ2mの黒地に白い字で須佐屋敷のリンキンと記された立派な案内板が設置されていました。
 樹高約9m、目通り周(地上1.2mの樹木の幹周りの長さ)が150cm(直径に換算すると約48cm)の古木です。須佐家のご主人が、小さい時から堂々たる樹だったそうで、樹齢については、わからないということです。
 地上からは、実のなっている枝に手が届きませんので、上の写真にあるように、ご主人が、脚立に登って果実を獲ってくださいました。ありがとうございました。
 リンキン果実は、上の写真のように、直径・長さが 2〜3cm程度、円形〜円錐形で、重さ 8 〜15g 程度の、赤く色付く果実です。サクランボ程度の大きさと思って下さい。果実の萼の付近に、疣状の小さいふくらみが見られます。
 須佐家のご主人も、子供の頃には食べたそうですが、今は、誰も食べないとのことです。試しに食べてみました。多汁で淡褐色がかった黄色の果肉で、甘みが少なく、酸が強いりんごです。料理用に結構な酸っぱさです。苦味や渋みはありません。まだ、花は見ていませんが、果実や葉の形と大きさ、果肉の色や味など、どれをとってもヒメリンゴとよく似ています。

 
 上の写真2枚は、県外の知人から寄贈されたもので、左は、長野県南佐久郡川上村の川上家の庭に生えているので、川上りんきと呼ばれている日本在来種のリンゴ樹で、樹齢200年以上といわれています。真ん中に雷が落ちたので今の姿になったということです。右は、樹齢150年以上の同じ種類のリンゴです。2005年9月2日撮影なさったとのことです。。
 果実の大きさは、縦径:2.0〜3.0cm、横径1.5〜2.0cmの縦長球形で、上述の須佐屋敷のリンキンのものと似ているとのことです。
 同村には150年以上の樹がまだ5〜6本もあるとのことです。前述の須佐屋敷のリンキンとこのりんきは、同じ種類なのでしょうか。よくわかりません。

 〈文献〉 果樹遺伝資源保存目録 2004年12月
           
独立法人 農業・生物系特定産業技術研究機構 果樹研究所
  原色樹木大図鑑 昭和60年5月31日初版 北隆館 
  3 果樹園芸大百科2  リンゴ  pp59 吉田義雄  農山漁村文化協会
  4 果樹園芸大百科2  リンゴ  p11  波多江久吉  農山漁村文化協会
  5  DNAフィンガープリントによるリンゴ野生種、栽培品種の分類、同定
土屋 了、小松宏光、副島淳一、江尻慎一郎、松本省吾  園学雑62.'93〔果樹〕
  6  原色日本植物図鑑  木本編〔U〕  昭和54121日二刷  保育社 
  7 日本国語大辞典〔縮刷版〕昭和55年4月20日 第1版第1刷 小学館