ブラムリーMalus domestica 'Bramley's Seedling'、通称Bramleyの歴史は、1809年、今から約200年前、イギリスのノッティンガム州サウスウェルのコテージに家族と住んでいた、幼い少女メアリー・アン・ブレイスフォードMary Ann Brailsford 嬢が播いたリンゴの種子が偶然芽を出したことから始まります。
 それから、37年後の、1846年、地元で肉屋を営むマシュー・ブラムリーMatthew Bramley氏がそのコテージを買い取ります。その時、メアリーが育てた樹は大きく成長していましたが、ブラムリー氏は、その樹に実るユニークなリンゴの特質が気に入り、自分で消費するばかりでなく、村の人々にも分けました。
 当時17歳だった苗木屋のヘンリー・メリーウェザーHenry Merryweather氏は、そのリンゴに着目し、マシュー・ブラムリーと交渉し、「Bramley」と名づけることを条件に枝を分けてもらいました。

 その後、メリーウェザー氏は、ブラムリーを幾つもの品評会に出品し、1883年イギリス全土から1000種類を超えるリンゴが集められた英国王立園芸協会(Royal Horticultural Society)主催の品評会で最優秀賞を受賞。その名前は一気に広まり、英国内では、大変有名になりました。やがて、英国の人々に愛され、生活に欠かせないリンゴとなっていきます。今では、英国生産のリンゴのうち、約45%がブラムリーで、世界的に有名なリンゴになりました。

 一般的に、料理用リンゴは日本では馴染みがありませんが、ブラムリーは、色々な食材と合わせることでデザートや料理の幅が一段と広がる、 今、注目の料理用リンゴです。加工に適した爽やかな酸味を持ち、加熱すると、果肉がすぐ煮溶けるのが特徴です。糖度約12%で、酸が強く、果実外観は扁円形、緑色で、一部にやや赤みを帯びることがあります。大きさは、400~500gの大きいりんごです。長野県の農園から、購入しました。葉は、青森県りんご研究所から頂きました。
 ブラムリーは、青森県では殆ど見ることができませんが、長野県では、このリンゴによる町おこしが行われているところもあります。


 (文献)  1  Bramley apple(From Wikipedia, the free encyclopedia)
   http://en.wikipedia.org/wiki/Bramley_apple               
   2  Bramley apple http://www.bramleyapples.co.uk/
   3   小布施町公式ホームページ http://www.town.obuse.nagano.jp/