ディーヴァ Diva は、円形で、赤地に濃赤色の縞模様のある、重さ150〜200g 程度の果実をつけます。舌触りのよい果肉を持ち、糖度約13%で、甘酸適和のうまいリンゴです。
 ディーヴァの育成地は、カナダですが、写真の果実は、りんご関係の会社の方から頂いたもので、ラベルにあるように、ニュージーランド産です。
 このリンゴは、リンゴの大敵・黒星病に抵抗性がある、おいしい食用品種として、選抜されたものです。
 カナダ・ケベック州のAgricalture and Agi-Food Canada(AAFC) において、上図のように複雑な交雑によって、観賞用クラブりんごのカイドウズミがもっている抗黒星病遺伝子V
f をもつ研究用りんご(PRI674)を作り、1971年に、(McIntosh)との間で交配が行われ、その実生について、1974年以降、耐病性、食味その他の諸性質について試験・研究し、選抜の結果、抗黒星病の食用りんごの品種、ディーヴァ Divaが生まれました。

 diva とは、ラテン語で「神々しい・神がかり的」を意味する言葉。イタリア語でも同様の意味の「神々しい人(女性)」「女神」を意味します。転じてオペラで卓越した歌唱をする女性歌手への賛辞としても使われます。
 20世紀を代表するソプラノ歌手マリア・カラスは 「デイーヴァ・アッソルータ(絶対的ディーヴァ)」と呼ばれていました。
 このリンゴを育種した人々の喜びが伝わる名前です
(文献3)。

 (文献)  (1) Diva description
  
http://cyberfruit.info/apple/diva.asp#top
 (2) ‘Diva’ Apple
  (
http://hortsci.ashspublications.org/content/44/5/1478.full
 (3) ウィキペディア
 「ディーヴァ」