白竜 WhiteWinterPearmain は、アメリカ東部の州が起源と言われています。1849年(日本では嘉永2年。アメリカの艦が長崎に、イギリス艦が浦賀に姿を見せている)にはすでに記録があるそうです。わが国へは、1871(明治4)年に開拓使(明治2〜15年の間、北海道開拓を任務として設置された官庁)によって導入されました。
 晩生〜極晩生の品種で、果実の大きさは中ぐらい。入手できたものは、重さ250〜350g程度で、糖度14.5%でした。形は長円錐形、つまり卵形で、写真のように淡黄色の地色に少し褐紅色が付きます。果肉はやや硬めで黄白色、甘酸適和で芳香があり、舌触りのよいうまいりんごです。太い果梗である肉梗がたくさん見られます。  日本のりんご印度の種子親ではないかと言われています。もしそうであれば、いま大量に出回っている王林に、このりんごの遺伝子がたくさん含まれているのでしょう。  果実は青森県りんご研究所と板柳町ふるさとセンターから頂きました。