初日の出 Winesap は、19世紀中のアメリカにおいては、よく知られた主要品種でした。この品種の起原は不明ですが、18世紀にまで遡る古い品種です。果実に割れ目が入るなど、栽培上の注意点はありますが、その果実は普通の冷蔵庫で三か月以上も保存できるという商業生産にとってはとても有利な性質を持っています。生のままでも食べられましたが、主に料理用に使われ、ジュースやりんご酒製造にも人気がありました。
 20世紀に入ると、他の香りのよい甘い品種に人気を奪われましたが、アメリカでは、まだ人気が高く、今でも市場に顔を見せます。
 わが国へは、1871(明治 4) 年に開拓使
(明治2〜15年の間、北海道開拓を任務として設置された官庁)によって導入されました。各地でいろいろな名前で呼ばれるようになり、混乱しましたので、初日出という名に統一されましたが、今では、初日の出と書かれてるようです。しかし、日本語で、インターネットで調べると、ワインサップでは容易に検索できますが、初日出、または初日の出では、あまり検索できません。
 明治時代における青森県りんごの7大品種にはなっていませんが、日本では、昭和30年頃までは、翠玉ニュータウンピピン)と並んで、各地で栽培された主要品種の一つでした。
 晩生品種で、果実の大きさは中ぐらいです。入手できたものは、重さ250〜300g 程度でした。果実は円形で、淡黄色の地色に、全面に褐紅色と濃褐紅色の縞が入ります。酸味の効いた舌触りのよい果肉で、糖度15%に達する食味のよいりんごです。保存もかなり効きますが、乾燥した場所におくと、果実表面に皺ができて柔らかになり易いと思います。
果実は青森県りんご研究所からいただきました。

文献 Winesap apple  http://www.orangepippin.com/apples/winesap