ジャズJazzは、このリンゴの商標名で、品種名はサイフレッシュScifreshです。ニュージーランドの国営園芸研究所HoetResearchで育成したリンゴですが、日本における市販品は、すべて商標名で、扱われています。
 このリンゴについては、ニュージーランドの会社「ENZA」(The New Zealand Apple and Pear Marketing Board)が独占利用権をもち、ライセンス契約がないと栽培できません。
 ジャズは、明るい赤色で、重さ150〜200g 程度の、比較的、小形のリンゴです。南半球の育成地では、3月上旬〜4月上旬に収穫される中晩生種で、両親はブレイバーンロイヤルガラで、1992年に、ニュージーランドで品種登録、2003年に、アメリカ植物特許を取得。日本で品種登録出願公表中です。
 カリカリとした食感が好ましく、香りがよく、果汁も多く、甘酸適和の果肉のしっかりした、リンゴです。糖度を測定しましたら、14%ありました。また、5〜6月にかけて、1か月ほど、机上に放置してみましたら、実が軟らかくなり、酸っぱさも弱くなりましたが、糖度には変化なく、甘いりんごになりました。
 果実の外観は、円形〜長円形で、果梗付着部付近
に淡緑黄色の「さび」が少し見られます。萼側の窪み(がくあ=萼窪)付近も含めて、全体が濃赤色になります。但し、上の写真のように、果梗側に黄色い部分が見られる果実も多くみられました。日本のように、葉を摘んで、果実に日光を当てて、果実全体を着色させることが無いらしく、葉に日光を遮られた着色むらがありました。
 ニュージーランドが対日輸出をしているリンゴの一つで、2014年5月9日に、通信販売で購入しました。購入した果実の一つ、一つに、写真のような、ラベルが貼付されていました。

 (文献)  (1)  世界のリンゴ品種 平成25年度平成25年度 参観デー資料
          青森県産業技術センターりんご研究所編 2013年9月4日
   (2)  東奥日報 2013年9月4日夕刊紙面
     県りんご協会・来年1月 若手農家ら80人派遣 NZ、シンガポールへ 
   (3)  JAZZ STORY  http://www.jazzapple.co.nz/our-story/jazz-story/