コルまたはコルー KORU® Plumac c.v. は、ニュージーランド・Nelson市Upper Moutere の、Geoff Plunkett氏の庭で、1998年に、偶然発見されたりんごの実生に由来します。
 Geoff Plunkett氏と奥様のMarilyn氏は、この実生が、奥様のお母さんが庭に捨てたふじの実が腐り、そこから芽生えたのだと知っていました。Geoff 氏たちは好奇心から、この実生を育てみることにしました。
 数年後、果実ができたところ、大変優秀な、おいしいものであることがわかり、品種名をPlumac としました。
 このりんごは、その後、評判を呼び、優秀な品種として、注目を受けることになります。なお、遺伝子分析の結果、種子親はふじ、花粉親がブレイバーンであると確定します。
 当初、このリンゴの商標名をKotabaru(ニュージーランド先住民の言葉で、new beginning の意味)としましたが、その後、登録商標をKORU®
とし、今では世界的な品種となりました。
 シャキシャキした果肉の、糖度15%を超える、貯蔵のきく、酸の効いた、味と香りのよい、おいしいりんごです。果実は、リンゴ関係の会社の方から頂きました。


 Koruは、未だ展開しきらない渦巻状のシダの新芽を指すマオリの言葉で、「新生」「成長」「力」「平和」の象徴であり、その形をデザインしたのもが、マオリのカービングやタトゥーのモチーフとして好まれます。この果実に貼られたラベルにも見られます。

 (文献)  KORU® NEW ZEALAND http://koruapple.co.nz/about-the-apple