ニュータウンピピンは、アメリカ、ニューヨーク州、Long Island 、Newtown (現在はElmhurstと呼ばれている)のMoore氏の圃場に生じた実生から育成されました。両親は不明です。発見は1730年頃(日本では享保15年、徳川吉宗の頃)で、発見当初から、入植者間で、このリンゴのおいしさは評判でした。
 トーマス・ジェファーソンは、フランス訪問中、「Newtown Pippin のようなうまいりんごは、ここでは見当たらない」と自慢したとのことです。
 1759年には、イギリスに導入されています。イギリスのヴィクトリア女王が、このリンゴを試食し、極めてうまいリンゴなので、輸入りんごに対する課税を引き上げたとされています。また、ベンジャミン・フランクリンお好みのリンゴとしてしても知られている古い有名な品種です。
 日本には、1871(明治4)年に開拓使がアメリカから導入し、日本各地で栽培され、23号青3号57号北原青ウ印青丸 などと呼ばれていました。
 このように各地でいろいろな名称で呼ばれていたので混乱が生じ、1900(明治33)年に翠玉
すいぎょく:美しいみどり色の玉の意味。エメラルドのこと)という名称に全国統一されたということです。
 切断面がすぐ茶色になりますが、口当たりもよく、生食で美味しく、また、優秀なソースおよびパイを作る原料にもなるそうです。果肉は硬く密で、甘酸適和で芳香があり、250g程度の円形の果実で、晩生〜極晩生の品種です。
 明治時代における青森県りんごの7大品種になってはいませんが、日本では、昭和30年頃までは、初日の出(Winesap)と並んで、各地で栽培された主要品種の一つでした。
 果実は板柳町ふるさとセンターから頂きました。

 上の写真の赤い果実は、板柳町ふるさとセンターから、翠玉としていただいたものです。真っ赤な翠玉などあるのかなと疑問に思い、県内の農業高校などの標本園や見本園で観察して歩きました。見た範囲では、やはり翠玉と名札が付いていても赤いりんごでした。また、同じく上の写真で、品種名ラベルが張られている黄色いりんごがありますが、これはアメリカ旅行中に、スーパーで購入したNewtown Pippinの写真です。旅行中で、ホテル内の人工光線下での撮影でしたので、色が実物とは少し違います。実際はもっと緑が濃いリンゴです。このりんごなら、翠玉という名前を付けられても違和感がありません。 
 よく分からなくなりましたので、インターネットで、外国のNewtown Pippinの写真をいろいろと見ましたら、上の写真右下の小さい写真のように、赤い部分が多いものや、全面真っ赤なものなどがあることがわかりました。
 Newtown Pippinは古い系統のリンゴです。このリンゴの欧米名は数十種類もありますから、たくさんの系統があり、変異があると思います。当然、着色状態にも違いがあるでしょう。しかし、初めに日本に導入され、各地に普及したのが、赤く着色しなかったので、美しい緑色の玉という意味の翠玉と命名されたのかなと思っています。そして、今は赤い系統のNewtown Pippinがたくさんあるのでしょう。
 専門家が見ればもっとはっきりと分かるのでしょうが、私たちのような素人にはわかりません。したがって、このりんごの品種名を翠玉とせず、ニュータウンピピンとしておきました。
 どなたか詳しい経緯をご存知の方は、ご教示下さると有難く思います