あかねは、以前に青森県藤崎町にあった農林省園芸試験場東北支場(現 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所リンゴ研究拠点 盛岡市)で、1939 (昭和14) 年に紅玉ウースターペアメン (花粉) を交配、その実生を育成・選抜した品種で、1970 (昭和45) 年に命名登録されました。収穫期は9月前半のりんごです。市販果実は200〜250gのものが多いのですが、100g の小さなものや300g 程度のものもあります。小粒の果実は食べるのがもったいないほど愛らしい感じがしました。
 あかね(茜)とは、いい名前をつけました。濃い茜色のきれいな色で、扁円錐形、鮮やかで光沢が強く、熟度が進むと濃い暗紅色になる果実です。果肉は白く硬めです。食味はやや酸味が強く、少し淡白な感じがしますが、この味を好む人もいます。
 あかねの花粉をニュージーランドに送り、当地のガラと交配した結果生じたのがさんさです。またあおり 9 の交配親でもあります。