秋しずくは、1978 (昭和53) 年に秋田県果樹試験場(現秋田県農林水産技術センター果樹試験場、横手市)において、王林千秋を交配し、その実生の中から選抜。以後、増殖を行いながら特性の調査を継続し、2004(平成16) 年に、その特性が安定していることを確認して育成を完了したものです。
 果実は大きく、果形は長円、王冠は中程度。萼(
がく)は閉じています。萼側の窪み(萼窪=がくあ)も、果梗側の窪み(梗窪=こうあ)も浅く、幅は中ぐらいです。こうあにはさびが見られます。果皮の地色は黄緑で、表面は黄色で被われていて、縞模様はありません。果点は大きいのですが密度は低く、スカーフスキンがやや見られます。果皮のろう質は少く、すべすべした感じです。果梗の長さは中位で丈夫です。果梗に膨らみあるものがあるとのことですが、購入しものでは観察できませんでした。心かびの発生はあまりありません。
 果肉は黄白色で、空気に触れると、褐変化します。肉質は密ですが、きめ細かく、滑らかな感じで、蜜は見られませんでした。糖度を測定したら16.5%もありました。このリンゴの果実は、酸味も充分で、果汁も多く、香りもありますが、最初は甘く感じ、噛む程にさわやかな酸味が口の中にひろがります。王林千秋の良い点が集まった感じです。
 成熟期は育成地(秋田県)においては10月下旬で、普通貯蔵及び冷蔵貯蔵はやや長いとのことです。