アキタゴールドは、1974(昭和49) 年、秋田県果樹試験場 (現・秋田県農業水産技術センター果樹試験場) で、ゴールデンデリシャスふじを交配し、翌年播種、1977(昭和52)年高接ぎ、1981(昭和56) 年初結実、1982年1次選抜、1983年から高接ぎ樹を育成し特性の調査・確認を実施し、1988(昭和63) 年に最終選抜されました。
 1990 (平成 2) 年に、秋田県知事が「アキタゴールド」と命名、1992(平成 4) 年に品種登録されました。
 収穫期は10月上旬。長期間の貯蔵ができるとのことです。
 大きさは250〜300g前後、果形は円錐〜長円錐形で特徴があります。果肉は黄色でやや硬く、甘味、酸味ともに中位、果汁が多く、食味は良好な、りんごです。