アルプス乙女は、長野県松本市の波多腰邦男氏が,1964 (昭和39) 年に、ふじ紅玉の混植園の紅玉 (内山紅玉) の実生を育成・選抜したとされてきました。1968 (昭和43) 年の命名です。
 しかし、DNA分析によると、種子親が紅玉ではなくふじ、花粉親がヒメリンゴMalus prunifolia の可能性が推定されるとのことです
〔文献〕

 外観・食味に優れることから、その商品性を予見した育成者と櫻井重隆氏ら地元の 生産者18名が普及会を結成、生産の普及と商品化を図りました。全日空機の機内食に取り上げられたことから話題になり、広く知られるようになりました。10月中・下旬の収穫です。
 果実の大きさは25〜50gのミニりんごです。果形は長円形、果色は濃赤色で光沢 があります。果肉は橙黄白色で、肉質はやや粗ですが、糖度が高く酸味も適度です。果実の萼付近の窪み(萼窪がくあ) に小さい疣状の突起が数個見られることがあり、ワリンゴに似ています。

 以前は、岩木町農産物直売所四季彩館駐車場縁にたくさん植えられて いて、9月になると、赤い小さいりんごで覆われて、右図のように、枝が垂れ下がり、みごとでした。
 りんごは自分の花 (同一品種) の花粉では結実しにくいのが普通です。岩木町では、近くのりんご園から他品種の花粉が供給さ れるのでしょうか。しかし、いまはすべて撤去されて、見る事ができなくなりました。
 また、アルプス乙女は、青森市の街路樹として、県庁西側と新町通りに植えられていますが、こちらの方はあまり見事ではありません。街路樹のところところに、花粉樹としてヒメリンゴが植えられていますが、上で述べたように、アルプス乙女の花粉親がヒメリンゴの可能性がありますから、ヒメリンゴアルプス乙女の花粉樹として機能できないのでしょうか…。あまり果実をつけていません。市街地のど真ん中で、付近にリンゴ畑もありません。

 (文献)  DNAフィンガープリントによるリンゴ野生種、栽培品種の分類、同定
     
土屋 了、小松宏光、副島淳一、江尻慎一郎、松本省吾  園学雑62.'93〔果樹〕