アンビシャス東光の自然交雑実生から選抜されたものです。
 円形、やや小玉で200〜300g前後の果実。果皮は黄緑地に全面淡黄に着色し、縞は不明瞭です。陽光面は淡紅色となる傾向があります。果点が大きく密度も大、果点の周囲が赤く着色します。 
 この品種は、南津軽郡柏木町(現 平川市柏木)木村甚彌氏が、青森県りんご試験場長を定年退職後の1971(昭和46)年に、自宅の畑に播種し、73本を育成、1975 (昭和50) 年に初結果、1979 (昭和54) 年に選抜しました。その後、原木・苗木・高接樹について特性調査を進めていました。しかし、1982(昭和57) 年2月に、育成者が死亡しましたので、同年4月から弘前市工藤末次・工藤清一・工藤練一、黒石市今喜代治の各氏が高接樹各1本の試作を行い、特性の確認調査を行いました。登録年は1985 (昭和60) 年で、出願時の名称は平賀です。成熟期は11月上旬、普通貯蔵で3月頃まで、冷蔵で6月頃までは貯蔵可能ということです。
 甘さが強く、酸味は少ないりんごで、果肉は淡黄色、蜜はあまり見られません。果汁が多く、やや硬めのしっかりした果実です。果皮にはマルメロやカリンに似た香気がありますが、果肉にはそれとは異なる、このりんご特有の別の香りがあります。ふじと食べ比べてみましたが、アンビシャスの方がずっと甘いと思いました。
 最初は、弘前市石川の道の駅で、2003年5月11日に購入しました。家の廊下に放置して、6月に食べてみましたが、まだ果肉がしっかりしていました。

 2004年6月24日に、青森市浪岡の道の駅で手に入れたものを、千葉県にいる娘に送りましたら、電話の向こうで、「もう新しいりんごが出たの!」と驚きの声をあげていましたが…