(あおい) は、青森県北津軽郡鶴田町の川村実氏が、自宅の圃場で見つけた偶発実生から育成したりんごです。育成者により、命名されました。
 1997 (平成9) 年産のりんごは県外での価格が低迷し、特に地元の仲卸業者が打撃を受けた年でした。翌平成10年産以降、しばらく産地市場の価格が低迷しました。ジョナゴールドが特にひどく、その結果、早生ふじへの品種更新が加速し、早生ふじの台頭によりつがるの販売期間が短くなり、つがるの早期収穫(未熟果、軟質果)の傾向に拍車がかかりました。
 川村氏も、1997(平成9) 年暮れに売れ残ったふじジョナゴールドを、泣く泣く、りんご圃場の片隅に捨てた苦い経験があります。

 氏は、翌1998 (平成10) 年、りんごを捨てた場所に、りんご実生数本が生えているのを発見しました。前年の苦労があったものですから、せっかく生えてきた実生なので枯死させたくないと思い、台木にでも使おうと思ったのですが、2年目にネズミの食害にあってしまいました。枯死する前にと、に接ぎ木したところ、2006 (平成18) 年に初めて実をつけました。
 ジョナゴールドは3倍体なので、種子には発芽能力はありませんから、ふじの実生と思われますが、花粉親は不明です。
 川村氏によると、「葉はふじより小振りですが、よく似ていますし、枝の様子もふじと類似しています。花も小さくて白く、ふじまたは国光のようです。幼果の時期は緑色が濃く、形はまるく果点がめだち、早生種のような感じですが、大きさが直径5pを超える頃から、果皮が白っぽくなります。10月下旬には食べられる状態になり、11月に入ってから収穫すると蜜入りになりますが、蜜入りのしやすさは低〜中程度です」ということです。
 収穫直後の果肉は十分な硬さがあります。完熟すると歯ざわり、舌触りがよく、特有のよい香がします。甘さは、糖度13〜14度程度ですが、果汁が多く、上品で適当な酸味もあります。ふじより少し小さめの、美味しい「あおい(蒼い)りんご」です。