あおり11は、青森県りんご試験場(現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)育成の極早生新品種です。
 1978 (昭和53) 年、北の幸ジャージーマックを交配し、食味のよい極早生品種として選抜された早期結実性、豊産性の品種。2004(平成16) 年に品種登録されました。収穫期は8月中旬ですが、初旬でも食べられますから、ねぶたの時期には売り出されるようになるかもしれません。
 熟期が不揃いなので、2〜3回に分けてすぐりもぎ(
熟した果実を選別して収穫すること) をする必要があります。また収穫前落果がややみられます。
 大きさは250g前後です。果皮色は紅色で縞が入りますが、不明瞭で区別するのは困難です。
 果形は円〜長円形。果肉はやわらかく、きめが滑らかで多汁。舌触りが良好です。糖度は兄弟品種のしおりの詩あおり12と同じ12%程度なのですが、酸度が0.45%程度と低いので甘く感じます。極早生としてはうまいりんごです。
 あおり11しおりの詩あおり12)とはよく似ています。一般に、しおりの詩の方が大形ですが、同じ大きさのものを販売店に同時に並べられれば、区別が付きにくいと思います。しかし、次のような違いがあるので慣れると容易に区別できます。
 左図のように、あおり11は、果点(果実表面のたくさんの点状構造物 ) が多く、はっきりします。濃赤色の縞模様は、しおりの詩でははっきり見えますが、あおり11では、あまり明瞭ではありません。
 また、両品種とも、果実を室温で放置しておくと、表面に「ろう質物」を出して果皮表面がピカピカ光るようになります。
 2004(平成16) 年には種苗会社から苗木が売り出されました。私どもは、2009年8月に弘前市で、初めて市販品を購入しました。