あおり25は、県産業技術センターりんご研究所(旧りんご試験場)が、1987(昭和62)年にメローリバティを交配して生まれ、2011(平成23)年9月に品種登録を申請したりんごです。 
 明るい紅色が特徴的な、大きさ250g程度の中型のりんごで、果肉の質が少し粗で酸が強く、購入したりんごでは糖度が15%に達しているものもありましたが、甘さを楽しむだけのりんごではありません。
 加熱してもあおり24よりは、果肉が崩れにくいようです。
 生で食べても、酸っぱいりんごをお好みの方には結構な味です。室内に置くと、ジョナゴールドのように、果実表面から、ろう(蝋)質物を分泌して、油を塗ったように次第にベタベタしてきます。

 このりんごの特徴の一つは、抗黒星病遺伝子Vf を持ち、りんごの有名な病気であるクロホシ(黒星)病に強い抵抗性をもつことです。
 昔は紅玉に抵抗力があると言われ、近年はさんさあかね彩香の方がより強いと言われてきました。しかし、この遺伝子V
f をもつりんごの黒星病に対する抵抗力は、もっと強力なのです。わが国で、この抗黒星病遺伝子Vf をもつ食用りんごの品種が育成・公開されたのは、あおり25が初めてで、画期的なことです。
 その遺伝子V
f は、普通の食用りんごには見られないものでしたが、米国、ニューヨーク州の農業試験場が、食用りんご MaCoun に、インデアナ州のPurdue 大学Ralph Shay教授から提供された、抗黒星病遺伝子Vf をもつ、同大学の研究用リンゴPurdue 54-12(カイドウズミMalus floribunda)の花粉を、1955(昭和30)年に交配し、長年月をかけて抗黒星病遺伝子Vf をもつ食用りんごを育成し、1974(昭和49)年にリバティLibertyとして公表しました (文献1、2)
 Libertyとは、ご存知のように自由のことです。黒星病の恐怖から解き放された関係者の喜びなのでしょうね。そのリバティが、今回、あおり25の花粉親として使われたわけです。
 なお、カイドウズミは、徳川時代末期に、日本から欧米に持ち出され、今でも、、欧米各地で JapaneseCrabapple として人気のある、病気に強い観賞用のりんごで、その遺伝子V
f が、この度、日本に里帰りしたことになります。
 
あおり25の果実は、2011(平成23)年12月3日に、青森市のA-FACTORY で購入しました。また、このりんごにはVf 遺伝子があるので黒星病に強い抵抗力があることは、りんご研究所の専門職の方に伺いました。 
(文 献)   1  http://en.wikipedia.org/wiki/Liberty(apple)
   2  LIBERTY,a new disease resistant apple 
          
New york's Food and lif Siences
            Bulletin.No.73 August 1978 Plant Sciances