青り3号は、青森県りんご試験場(現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)が、1952(昭和27)年、東光リチャードデリシャスを交配・育成した品種で、1963 (昭和38) 年選抜しました。
 1970(昭和45) 年に青り3号と仮命名し、試作品種に取り上げ、1974(昭和49) 年に増殖検討品種に格上げされていますが正式の品種とは認められていません。したがって青り3号は、正式の品種名ではなく、青森県りんご試験場の育成系統番号の一つです。 
 青森県での収穫期は10月下旬〜11月上旬です。貯蔵力は普通貯蔵で3月まで、冷蔵で5月までと言われています。
この品種は
星の金貨の花粉親です。

 果実の大きさは250〜300g、円錐形、果実は無袋果で濃紅色。果肉は黄白色で硬くやや粗で、図のように少し赤く色づくことがあります。甘酸適和で甘味が強く、味は良好なりんごです。
 収穫期が早いと年内中は果実に渋みが残る傾向があります。自然結実性が高く、無袋栽培が容易で斑点落葉病にも強く、スターキングデリシャスより貯蔵力、食味とも勝りますが、上図のように、径数ミリ程度の黒い斑点があるものが数個ありましたので、県りんご試験場(現・県りんご研究所)に持参してうかがいましたら、コルクスポットと言われている生理障害で、栽培管理とカルシュウムを含む農薬で、ある程度防ぐことができるとのことです。
 しかし、コルクスポットになると、現れた部分の果肉が褐色のコルク状に変質してしまうので、市場では傷物として扱われることになり、生産者には見逃すことができない欠点です。 
 しかし、こんなにおいしい長期保存が効くりんごが、一般の消費者の手に入らないのが残念です。十和田市の道の駅で2005年と2008年の3月に購入しました。