紅はつみは青森県産業技術法人青森県産業技術センターりんご研究所で育成したりんごです。
 1992年に、つがるさんさを交配し、2003年に「青り26号」として二次選抜、2005年現地適応試験を実施、2016年品種登録を申請、2013年「紅はつみ」の名称で登録を完了しました。
 果実は鮮紅色で縞が不明瞭、大きさは300~350g程度。糖度は13〜14度、酸度は0.4%ほどです。日持ち性は20℃で7日、冷蔵で一か月程度ということです。こうあ部、がくあ部にさびが発生します。
 9月上旬収穫の早生種で、果汁が多く、甘さと酸味のバランスがよい、味の濃いりんごです。よく着色し、肉質はやや粗で、つがるより、酸味と甘味のある多汁なりんごで、苦味もなく、夏リンゴにしては美味いと思います。2018年9月に、研究所でいただきました。