紅いわては、1991年につがる×貯蔵した花粉(文献1)」を交雑して得られた種子を1992年に播種し、その実生を1993年に「M.26」台木に接ぎ木しました。
 1996年に穂木を採取し「M.9」台木に接ぎ木を行い、2000年に初結実したものの中から選抜された品種です。
 2008年3月に岩手7号として品種登録を出願し、2009年9月に品種登録されました。紅いわては商標名です。熟期は、育成地である岩手県農業研究センターにおいて、9月下旬です。
 果実の形状は円形で、大きさは、250〜300g 前後とやや小ぶりですが、350gを超えるものもあります。
 果肉の色は白、肉質は少し硬く、食べるとやや歯ごたえがあります。蜜入りは少ないですが、果汁量はたっぷりしています。果実は濃紅色から暗紅色で、全面に良く着色します。サビの発生は少ないと思います。果実の色は、レッドゴールドに似ていますが、果点の密度はかなり高く、果形がやや長円形です。スカーフスキンも見られますが、あまり目立ちません。果皮のろう質物はやや見られるということですが、手元にある果実では、あまり目立ちません。糖度は14〜15%で、口当たりの良い、心地よい酸味の、食味のよいリンゴです。
  9 月下旬に収穫した果実の日持ち性は、普通冷蔵で約1カ月、常温で10日程度と推察されるそうです
(文献2)
 なお、種子親はつがるですが、交配に、貯蔵した花粉
(文献1)を用いたため、当初、花粉親がはっきりしませんでした。しかし、遺伝子分析の結果、花粉親をプリシラ(Priscilla)と仮定すると、矛盾なく説明できることが明らかになりました。但し、プリシラが持つ、抗黒星病遺伝子Vfは遺伝しておりません。
 また、このリンゴは、果肉を空気に晒しても、褐変しにくい特徴があります。特に包丁で切った断面は、なかなか変色しません。しかし、おろし金ですりおろして細胞を破壊すると、上のように、千雪よりは変色しやすいが、ふじよりは変色しにくいと思います。

 (文献)  1  登録品種データベース 岩手7号 登録品種の育成過程の概要
   2  畠山他 岩手農業研究センター 研究報告 11号、p34-42(2011-10).
   3  ‘Priscilla’,a Fall Red Apple with Resistance to Apple Scab
.
   (https://www.hort.purdue.edu/newcrop/pri/coop04-3.html