紅夏は、弘前市石川の工藤清一氏が育成した品種で、1992(平成 4) 年に未希ライフの自然交雑によって生じた種子を播種し、その実生の中から丈夫で省力栽培ができるうまいりんごを選抜・育成し、2000(平成12) 年に育成を完了した品種で、熟期は8月下旬です。2003(平成15) 年の品種登録です。
 近年、遺伝子分析の結果、花粉親は夏緑と考えられています。
 果実は黄緑色の地色に赤色〜あずき色の縞状に着色しますが、果梗付着部付近凹部(
こうあ)表面が赤くならずに黄緑で、サビはみられません。果点(果実表面にある細かな点々)がはっきりします。販売されている果実の大きさは150〜300gほどです。
 王冠 (果実の上下に見られる凸凹のこと )が少し発達し、こうあ(果梗側の果実窪み)ならびにがくあ(萼側の果実窪み)付近が少しごつごつした感じになり、肉梗(瘤上の膨らみがある果梗)が見られます。果肉は黄色です。
 2004年8月22日に青森市の販売店で、また2006年8月30日に弘前市の販売店から通信販売で購入しました。糖度測定値は 11.5〜12.6%で、肉質はやや粗でつがるより酸味と甘味のある多汁なりんごで、苦味もなく、夏リンゴにしては美味いと思います。
 夏リンゴは一般に保存があまりききません。通信販売の案内書には、一個ずつポリ袋にいれ、家庭用冷蔵庫の野菜室に保管すれば味があまり落ちませんよという意味の注意書きがありました。

 この品種は弘前中央青果が、「つがりあんアップル」として、専用利用権を設定している六つの新品種のうちの一つです。