紅斜子べにななこ) は、アメリカ原産のりんごで、Cogswell (コグズウェル) の原名で知られています。わが国へは、1871(明治4) 年に開拓使(明治2〜15年の間、北海道開拓を任務として設置された官庁) によって導入されました。 
 導入当初の原名では普及せず、いろいろな地方名で呼ばれて混乱していましたので、1900(明治33)年に、全国共通の名称を紅斜子に統一しました。
 アメリカConnecticut州 NorwichのW.Cogswell園で1750年頃の起原であることが知られています。両親は不明です。1750年といえば、日本ではまだ江戸時代の寛延3年で、翌年徳川吉宗が没しています。
 果実の大きさは250〜300gで、黄に鮮紅色の縞がある扁円形のりんごです。果肉は緻密で、淡い黄白、甘酸適和で味は濃厚、芳香があります。10月末のりんごです。糖度は13%程度で、いま食べても美味いりんごで、明治・大正・昭和と、各地で栽培されましたが、何故か、現在は、日本の市場には顔を見せることはなくなりました。しかし、インターネットで検索すると、欧米ではまだたくさん市販されています。
 
果実は板柳町ふるさとセンターからいただきました。