紅の舞は、青森県三戸郡五戸町の村上恒雄氏が育成したもので、1977(昭和52) 年に青森県三戸郡五戸町の自園において、ふじに人工授粉用の花粉(数品種の花粉を混合してある)を交配して得た種子を、翌年に播種し、生じた約2000本の実生の葉に注目して原木を選抜、原木の穂木により1979(昭和54)年に苗木2本を育て、1986(昭和61)年初結実したものです。
 以後、特性を調査するとともに、1987(昭和62)年から青森県畑作試験場ほか2カ所に試作を依頼しています。県外の種苗会社による1989 (平成1) 年の品種登録。なお、出願時の名称はアーリーブライトでした。8月下旬〜9月初旬に成熟します。

 果実の外観は円形、がくあ(萼窪:
萼側の窪み)、こうあ(梗窪:果梗側の窪み)ともに浅く、広さは中位です。果実の大きさは300〜400gほどで、大きいものは500gを超えます。写真の一番大きい果実は530gです。
 果皮の地色は黄緑で、濃い赤に着色し、縞模様がはっきりします。果梗の長さ及び太さは中位です。果肉は淡黄色でやや硬く、きめは細かい方です。果汁は特に多いということはありませんが十分に多汁で、食べると口中でかすかに香りがします。適当な甘さの、酸味とバランスがとれたりんごです。