紅魁Red Astrachanの両親は不明ですが、ロシア・ボルガ河口アストラカン村原産のリンゴで、ロシアでは、Alexsander (歴山王)、Duchess of Oldenburg(初笑)、Tetofsky(春霞)と共に4大品種の一つに数えられています。
 この品種が日本に輸入されたのは、1871(明治4)年のことです。開拓使(
明治2〜15年の間、北海道開拓を任務として設置された官庁)がアメリカから導入しました。ただし、青森県には、1875(明治8)年秋に、内務省の勧業寮から配布されています。
 明治初期に欧米から導入された品種には、勿論欧米での名前がついていました。しかし、現在のように横文字やカタカナに馴染んだ時代ではありませんでしたので、横文字名のままでの普及は難しかったようですし、各地に配布された苗木には、ろくに品種名もついていなかったので、最初は産地ごとに名前をつけていたため、かなりの混乱があったようです。
 この品種も、五八号山野早生旭紅イ印初笑いの甲など、いろいろな名前で呼ばれていましたが、1900(明治33)年の第6回名称選定会までに、紅魁という名前に統一されました。
 大きさが150〜200gほどで、緑黄色の地色に全面縞状に赤く着色し、光沢がある円形のきれいな果実です。大きさも手ごろ、形も色もよいリンゴです。しかも甘酸適和です。果梗側を見ると、こうあ(梗窪:
果梗側の窪み)から 8〜10条の緑褐色の縞が放射状に出ています。果肉は粗で、緑白色。日持ちはやや不良です。収穫期は8月中旬。早生品種として、とともにかなり栽培されました。紅魁は明治時代における「青森県のりんご7大品種」の一つでしたが、現在では栽培されていません。
 果実は弘前市りんご公園からいただきました。

 青森県には1875 (明治8) 年に78本の西洋りんごが配布され、その内の一本が弘前市相良町の山野茂樹氏邸に植えられ、1877(明治10) 年に初めて、3個だけ結実・収穫します〈文献〉それがこのRed Astrachan (日本名紅魁) です。
 詳細については、「リンゴ初生りの碑
をご覧草さい。 

〈文献〉   波多江久吉(青森県りんご協会
日本でのリンゴ栽培技術の歴史:
果樹園芸百科 2 リンゴ 11ページ
農山漁村文化協会 2000年2月25日