紅将軍は、矢萩良蔵氏(山形県東根市)が育成した品種で、ふじの枝変わりから生じたやたかが、さらに枝変りをしたものです。1993 (平成5) 年に、山形県の種苗会社により品種登録されました。収穫期は10月上旬〜中旬で、ふじより約1ケ月早く収穫できます。貯蔵性は冷蔵で年内、常温では10月いっぱいと思われます。
 成熟期を除く、樹性、生態、花芽の着生等は枝変わりの基品種となるふじと全く同じですが、収穫期が約1ケ月ほど早まります。
 果実の大きさは350〜450gと、ふじより大玉です。果面には、やたかふじのような鮮明な縞が入らず、全面赤色に着色します。
 果肉は多汁で蜜が入り、食味は ふじに似たりんごで、完熟果ではふじの親品種であるデリシャスに似た香気もあります。