紅しぐれは、「ふじふじロイヤルふじロイヤル21紅しぐれ」のように体細胞突然変異で生じた、ふじの「枝変わり3代目」のりんごです。 
 平川市(旧平賀町新館) の七戸茂夫氏のリンゴ畑の着色系ふじ(ふじロイヤル) の枝変わりとして、七戸茂夫氏並びに五戸町野村園芸農場・場長の野村敏夫氏によって選別された、11月中旬に収穫する晩生のふじ
 カタログ
(文献)には、「果重は400g以上と大きく、豊産で玉ぞろいが良い。果実はボリュウム感あふれ、形も美しい。果汁が多く、肉質は緻密で歯ざわりが良好で、蜜入りも多く、糖度がより高い。貯蔵性も普通種と変わりがない。着色手入れが誠にかんたんで超省力栽培ができる」とありますが、素人にはよくわかりませんでしたので、七戸町の栽培者に、電話で直接伺ったところ、「果実の形・味・色合いなどは一般に栽培されているふじとは大差が無いが、最大の特徴は収穫時期と、その保存性にある」とのことです。

 上の写真の果実は、昨年、はじめて収穫した若い樹から収穫したものとのことですが、樹が成熟すると、一般のふじと同じになるということです。特徴は、一般のふじの収穫時期は、11月上旬ですが、紅しぐれは、11月中旬が収穫の適期であるということです。野村氏から直接伺いましたが、紅しぐれとは、時雨の降る頃に収穫する「紅のりんご」という意味だそうです。
 一般のふじの収穫が終わり、一段落してから紅しぐれの収穫作業ができますので、農家にとっては好都合です。保存性は抜群で、味は多少変化しますが、6月に入っても、それなりに美味しく、しっかりしたふじの味と歯ざわりを楽しむことができます。味や色・姿・形はふじそのものです。超晩生の保存性抜群のふじと考えればよいと思います。店頭に陳列されても、消費者にとっては普通の着色系ふじと区別できませんが、栽培者にとっては、きわめて特徴的なふじであるといえます。
七戸文化村物産館で2009(平成21)年6月7日に購入しました。

(文献)   のむら特選果樹苗木カタログ 2004 autumn-2005 spring 野村園芸農場