1960年代半ばに、McIntosh red(日本名 )の枝変りとして、カナダ、British Columbia、Summerland ResearchのDon Fisher博士によって発見されたリンゴは、側枝や節間の長さが普通の栽培品種に比べて極めて短く、枝が横に成長することがないので、極細円筒形(棒状)の樹形に成長する特性をもっていました。この枝変わり品種はウィジック・マッキントッシュWijcik McIntoshと名付けられましたが、今では単にウィジックとかワイジャックと呼ばれています。 

 円形ないし扁円形の果実で、味も香りも舌触りも、と類似していて、完熟すると芳香があり、糖度は13%程度ですが、独特のさわやかさのある、酸の効いた、果肉の滑らかな、うまいりんごで、9月下旬に成熟します。
 このように、極細円筒形(棒状)の樹形に成長する特性はカラムナー(円筒形状の)と呼ばれていて、この性質をもつリンゴを総称して、カラムナータイプのリンゴcolumnar type apple tree とか、カラムナー品種のリンゴといいます。
 カラムナータイプは、樹体構造が単純でコンパクトなため、せん定や収穫作業が極めて容易になるほか、無人の薬剤散布機などと組み合わせて非常に省力的な栽培が可能になるという極めて優れた性質です。しかもこの性質は、後代に遺伝する単一の優性遺伝子によって支配されていることがわかり、現在世界各地でカラムナータイプの品種育成が試みられています。

 特に、イギリスの研究所がこの品種を親にして精力的に品種改良に取り組み、そこで開発された品種の一部、例えば「タスカン」「テラモン」「トラジャン」「メイポール」が、わが国でも品種登録(1992年 サマースビーツリーフルーツ社・英国)され、苗木が広く市販されています。
 これらの 4品種は、以前には品種改良のための親として使うことが規制されておりましたが、現在はどうなっているのでしょうか不明です。
 この系統の果実は、いまのところ、味や食味では市販されている経済栽培品種にはかなわないと言われていますが、各国で果実品質改善の努力がされていますし、カラムナータイプに適した台木の選定や側枝一挙更新法などの非常に簡単な整枝・せん定など、超省力的とも言える栽培法の開発が進められています。

 また、青森県りんご試験場(現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)でも、新品種開発の遺伝資源としての規制が行われていないカナダの試験場で育種したカラムナータイプの「ゴールデン・センチネル」及び「スカーレット・センチネル」という二つの兄弟品種を圃場に栽植し、日本の各優良品種との交配をしたり、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどに出かけて行って交配をして生じた実生を栽培するなどして、品種改良の研究が続けられており、未来に大きい可能性を秘めているリンゴです。

 前に述べましたが、苗が市販されていて、私どもが容易に入手したり、試食できるのは、次の 4品種です。これらの品種は、樹形が一本の太い棒状つまり円柱状になり、花が密生し、果実もたくさんつくので観賞樹として優れており、しかも、狭い庭で十分栽培できますから、一般家庭のガーデニング用としても活用されていますので、思わぬところでお目にかかることがあります。

 ある種苗会社では、「カラムナータイプ」を「バレリーナタイプ」という商標名で、「メイポール」「テラモン」「トラジャン」「タスカン」の各品種を、おのおの下の図のような商品名で販売しています。以下、この4品種について説明します。


 イギリスでウィジックマルス・バスカトングを交配して作り出したものです。4品種のうちで果実が一番小さい、酸味が強い赤いりんごですが、写真のように、表面だけではなく、果実の中まで濃赤色です。
 糖度は11%程度、酸度は 2g/100ml 程度で紅玉の2倍以上の酸味があり、すっぱくて、生食用ではありませんが、渋みもなく、ジャムに加工すれば舌触りのよい、酸味や香りのある、色のきれいな素晴らしいものになります。
 家庭の狭い庭でも十分に栽培できますので、庭をお持ちの方は1本いかがでしょうか。春は赤い花を楽しみ、秋は果実を楽しみ、鑑賞が済んだらジャムなどに加工して食欲の秋を満喫してください。
 上の写真の果実は、実すぐりをしないで栽培したものだそうで、適当に摘果すると、もう少し大きい果実をつけるということですが、4品種のうちでは一番小形のりんご(40〜50g程度)です。果実も花も楽しめる、9月中下旬が収穫期の品種です。
 隔年結果性が強いため、摘果が必要となります。加工用途として着色の良い果実を生産するためには、半わい性台木またはM.26相当のわい性台木の利用が適しているとのことです。果実の表面に斑点性の生理障害が認められ、成熟後期には障害部分からの裂果が認められることがありますが、樹勢の弱い樹や着色の良い果実では障害の発生程度が低い傾向があります。果肉は、未熟な状態でも着色していますが、熟くすと、鮮紅色になります。
 ふじより開花が4日程度早いですが、腋芽花の時期がふじの頂芽花と一致し、交雑和合性も高いため、授粉樹として利用することが可能です。
 今までにない、酸味が強く、果肉に赤い色素をもつリンゴ品種として、加工用として期待されます。


 
 イギリスでウィジックゴールデンデリシャスを交配してその実生から選抜したもので、10月上中旬の収穫です。果実の大きさは140〜300g程度です。
 あるホームページには、食味が甘く、4つの品種のうちでは一番おいしいと記入されていましたし、花粉親が食味のよいゴールデンデリシャスなので、熟果を入手して試食してみました。期待していましたが、食べてがっかりでした。おいしくないのです。種子親のウィジックの熟果の方がに似て芳香を放ち、舌触りが良く、ずっといい味だと思いました。
 いろいろ調べましたら、農林水産省の登録品種の説明記事に、「硬さは硬、きめは密、蜜は無〜僅か、甘味は低(糖度11度程度)、酸味は中、渋味は有、香気は極少、果汁は中である」とありました。10月中旬の収穫直後の果実ではその通りでした。
 交配親のウィジックの枝変わりです。そのは収穫後一ヶ月ほど追熟させると美味しくなるりんごです。香りもなく、硬く味の悪いこの品種でも、追熟させたら少しは良くなるのかと思い、収穫後、1ヶ月ほど北側の廊下に放置してから食べてみましたら、驚いたことに、果肉の舌触りも良く、香りもあり、酸味と甘味が適当な美味しい果実になっていました。糖度測定値は 12.5〜13.0% と高まり、酸味とのバランスも結構でした。同様、追熟させると美味しくなるりんごで、果肉が軟化したり、皺ができたりしません。生食用にちょうどよいりんごです。品種登録をなさった方は、この品種の特徴をあまり的確には記述していませんでした。


 イギリスでゴールデンデリシャスウィジックを交配してその実生から選抜したもので、10月中旬の収穫です。果実は140〜190g 程度の小形のきれいな果実です。
 あるホームページにはテラモンに次いで美味しいとの記事がありますが、収穫直後は、歯ざわりも悪く、香もなく、酸味も甘味(糖度12.5〜13.0%)も共に少なく、生食はもちろん加工用にも向かないものでした。観賞用のりんごかと思いました。しかし、先祖のは収穫後追熟させると美味しくなりますので、テラモン同様に、果実を廊下に置いて、少し追熟させてみることにしました。
 1ヶ月ほど北側の廊下に放置しておきましたら、側を通っただけで良い香りがしているのが分かるようになりました。食べてみましたら、果肉の舌触りも良く、香りもあり、酸味と甘味が適当な美味しい果実に変身していました。糖度測定値はは14.5〜15.0%と高まり、やや強い酸味とのバランスも結構で、濃い味がします。生食にも料理にも適したりんごです。このりんごも、テラモン同様に、追熟させると美味しくなります。果肉が軟化したり、皺ができたりしません。
 家の庭に栽植すれば、剪定もいらず、狭い面積で栽培でき、果実は保存が効き、料理にも使える大変素晴らしい品種です。果実の大きさも家庭向きです。ただ、斑点落葉病に弱いというので、その点が心配ですが。


 イギリスでウィジックグリーンスリーブスを交配し、その実生から選抜・育成したものです。9月下旬には収穫できます。上の果実は青く見えますが、これで完熟したものです。やや黄色を帯びた緑色で、陽光面がごく淡い赤色になります。
 あるホームページには、味も甘味や酸味が弱く、メイポールよりはうまいが、あまり感心しないような意味のことが書かれていますが、実際に食べてみたら、の酸味を弱くした感じで、熟したものは果肉の舌触りが良く、甘さ十分のりんごです。私どもには美味しく感じました。糖度を測定してみたところ14%で、各家庭の庭にあれば生食して結構楽しめる青りんごです。独特の酸味がありますが、ウィジックより弱い酸です。いろいろな方に試食していただきましたら、交配親のウィジックの方が、さわやかな味と香で美味しいという評判でした。果実の大きさ160g程度です。果肉が柔らかく、収穫後、あまり保存できないりんごです。


 どの品種も側枝が出にくく、出た側枝は直立します。枝は太く、節間が極端に詰まっています。専門的なせん定は不要で、不要な側枝を落とす程度でよいのですから、1樹あたり数分程度の世話でよいといわれています。
 発芽日、開花日、満開日及び落花日は4品種とも、主要品種とはほぼ同等か、1〜2日早い程度です。
 4品種とも主要栽培品種と遺伝子型が異なり、うまく受粉しますので、授粉樹に適していますが、「トラジャン」は開花期間が短く、花粉粒数がやや少なく、また、前述のように斑点落葉病に罹りやすいという点から、「メイポール」、「テラモン」、「タスカン」と比較すると花粉樹としての適性はやや劣るといわれています。


  記載したカラムナータイプのりんごは、すべて青森県りんご試験場(現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)のものです。写真はりんご試験場の圃場で撮影するか、果実をいただいて特定の撮影場所で撮影しました。ある品種は落ち実を頂いて撮影しました。また、職員の方からは懇切丁寧なお話をいただきました。ありがとうございました。

 (文献  1  工藤 剛 カラムナータイプ品種の授粉樹としての特徴 
            
平成17年度 りんご試験場参観デー資料集
            青森りんご21世紀会編 平成17年(2005年)9月
   2  研究レポート 岩手県農業研究センター 302       
   3  猪俣雄司ほか リンゴカラムナータイプ系統の樹体生育・果実生産特性
       
果樹研報 Bull.Natl.Inst.Fruit Trees Sec.3 : 77〜88,2004