大紅栄は、弘前市の工藤清一氏が1992 (平成4) 年に未希ライフの自由交雑種子を播種し、その実生の中から丈夫で省力栽培できるうまいりんごを選抜・育成したものです。
 2001(平成13) 年にその特性が安定していることを確認して育成を完了。2005(平成17)年の品種登録です。なお、出願時の名称は大紅でした。花粉親は不明です。収穫期は10月下旬〜11月上旬で、
 果実は約400〜600gの大形、濃紅色、円形です。無袋で高温でもよく全面に着色し、果梗が短く丈夫なので台風がきても落ちにくいとのことです。糖度は13〜14%ですが、甘く感じます。果肉の舌触りも良く、保存のきく、多汁なりんごで、翌年の夏頃まで、市場に出回ります。
 2003(平成15)年11月17日に弘前市の店頭で、また、2006(平成18) 年11月4日に弘前市の店から通信販売で購入しました。 

 中国では春節にりんごをたべると、一年は健康に過ごせるという、健康への願掛けの意味があるそうですが、2006年1月22日から2月2日にかけて、大連デパート「大連マイカル」で春節(旧正月)用りんごとして、陸奥金星世界一サンふじ(無袋ふじ)と、この大紅栄の5品種が販売され、日本円にして1個 2600円と高値で売買されたものもあります
〈文献〉。また、2013年5月20日のNHK放送によると、 中国では、今でもこのリンゴに対する人気が高く、上海では、1個2000円で飛ぶように売れているそうです。

 この品種は弘前中央青果が、「つがりあんアップル」として、専用利用権を設定している六つの新品種のうちの一つです。

 〈文献〉   大光栄について(商品説明パンフレット) 片山りんご園