デリシャス、世に紹介されるまでには、興味ある話があります。米国アイオワ州の果樹園を経営していたジュッセ・ハイアットJ.Hiatt氏が、1870(明治3)年に果樹園を見回っていたところ、樹列からはみ出している1本のりんご稚樹をみつけ、それを切り捨てました。しかし、後日その切られた樹からヒコバエが伸びてきたのをみつけます。再度それを無造作に切り捨てました。それでもまたヒコバエが伸びてきます。彼は、この樹の生命力の強さに感動し、果実をならせて見ることにしました。
 この樹は大事に育てられ、10年後に果実をつけることができました。その一つをとってほおばった彼は「これは世界最高だ」と感激したということです。
 このりんごは、種苗会社スターク兄弟商会の手にゆだねられ、1895(明治28)年に、世に照会されることになります。このりんごを食べた当時の社長C・M・スターク氏が、「おお、これはうまい(デリシャス)」と叫んで、名称が決まったということです
〈文献1

 日本へは、1913(大正2)年、岡山県の花房省吾氏によって導入されたと記録されていますが、元北海道大学農学部教授星野勇三博士の遺稿ノートによると、1911(明治44) 年
にカリフォルニア州のCoit氏より、北海道大学がすでに導入していたとのことです〈文献2〉
 大きさ300g前後、長円形、黄色地に暗紅の縞がはいります。肉質はややち密、多汁で甘みに富み、微酸、芳香強く、食味は良好な世界的品種で、欧米では一番多く栽培されている品種です。青森における収穫時期は10月中旬です。

 このデリシャスと名前の良く似たゴールデンデリシャスGolden Deliciousという品種があります。両品種ともDeliciousという言葉がありますから紛らわしいのですが、両品種は系統的には無関係です。
 また、 Red Delicious といわれるものは、アメリカのJ.L.Johonson氏がデリシャスの枝変わりとして1928 (昭和3) 年に発表し、日本へは1956 (昭和31) 年に農林省がアメリカから導入したもので、中位の大きさの、濃赤色の果実をつけるリンゴです。欧米ではRed Delicious またはSmall Red Delicious として、盛んに市場に出回っていて、外国を旅行するとたくさんお目にかかります。しかし、わが国ではあまり市販されてはいません。

 日本では、この原種のデリシャスより、枝変わりによって生じた着色系の大形の果実をつける品種が主流です。デリシャスは、十分に着色するまで樹上に置くと、流通過程の期間中に熟しすぎ、消費者が手にするときには、ぼけたり、内部褐変が起きるなどの貯蔵性に問題がありました。リンゴは少し早めに収穫すると長く保存できます。着色系のものですとやや未熟でも消費者には区別できませんから、敬遠されることもありません。また、店頭に並べられた場合、色付の良い赤い方が、色づきの悪い青いリンゴよりたくさん売れます。生産者側から見た「着色が悪い」という欠点は、1929 (昭和4) 年に導入された、デリシャスの枝変わりであるスターキングデリシャスによって解決され、デリシャスそのものが市販されることはなくなりました。日本では、デリシャスそのものを、その枝変わりによってできたデリシャス系他品種と区別する場合には赤デリということもあります。
 日本の場合では、スターキングデリシャスを中心とした「着色系統のデリシャス」が、1974 (昭和49) 年に国光を追い越して生産量が第一位になりましたが、1982 (昭和57) 年にはふじに抜かれてしまいました。

 デリシャスの枝変りは大変に多く、下の写真のように、スターキングデリシャスリチャードデリシャスなど百余系統もあります。
  素人の私どもには、机上に並べられても区別がつかないほど外観がよく似たものも多くあります。また、着色系が美味いとはかぎりません。原種より味の落ちるものも無いわけではありません。
 このデリシャスの原種は日本の市場から姿を消して久しくなりますが、デリシャスおよびその枝変わりを含むデリシャス系品種を交配親としているものには、ふじ王鈴世界一おいらせ北紅金星紅の夢さんたろう弘大1号レッドゴールドなどが有名です。

 デリシャスの写真はある物産展の青森県展示コーナーに、ふじの両親は、国光×デリシャスとして果実が展示されていたのを、展示会の終了を待って、いただいたものです。青森県内で市販品は見かけていません。

〈文 献〉 1. りんご世界一について 山田ほか 青森りんご試報 第25号(1989) p.63

2. りんごを拓いた人々 斎藤康司著 筑波書房
 1996年4月1日