栄紅は、五所川原市が、御所川原王林を、1995(平成7)年に交配し、その実生から選抜育成したものです。育成者は、原田久典氏と鈴木秀人氏。果実の外観は長円錐形で、全面濃赤色、大きさは180〜220g 程度です。果肉の色が白地に、果皮に近い部分の果肉と中心部が赤くなります。
 育成地(青森県五所川原市)で10月下旬から11月上旬に成熟する晩生種です。王冠は弱く、萼は少し開きます。がくあ(萼窪:
萼付近の窪み)の深さは中位、広さは中程度、こうあ(梗窪:果梗付近の窪み)の深さは中程度、広さは狭いと思います。さびの量は無いか、あっても極少しです。果点の大きさや密度は中程度、スカーフスキンが少しあります。果皮の光沢は強く、ピカピカ輝く感じです。ろう(蝋)質物はないようですが、表面がやや光っています。果肉は硬く、蜜は観察した範囲では見つかりません。糖度は13.8〜14.0%で、酸味は種子親の御所川原より少なく、果汁は多く、少し香気があります。御所川原は、加工向きのりんごですが、栄紅は生食にも向いています。早期落果及び後期落果はあまりなく、普通貯蔵はあまり長い方ではないということです。
 なお、五所川原市は、この品種の苗木育成などの業務を、2016年から、五所川原にの株式会社「アグリコミュニケーションズ津軽」に委託するとのことです。