エンヴィEnvyは商標名で、品種名はサイレートScilateです。ニュージーランドの国営園芸研究所HoetResearchで育成したリンゴですが、日本における市販品は、すべて商標名のみで扱われています。
 このリンゴについては、ニュージーランドの会社「ENZA」(The New Zealand Apple and Pear Marketing Boardが独占利用権をもち、ライセンス契約がないと栽培できません。
 ENZAは、ニュージーランドの生産者団体を母体として設立された民間企業で、リンゴなどの果実の生産から輸出までを手掛けて、国際的に活躍している会社で、Envyは、ENZAの商標trademarkです。
 エンヴィ
は、真っ赤な250〜300g の晩生種で、両親はブレイバーンロイヤルガラです。種子親のブレイバーンは、極晩生の寒地には向かない品種だとのことですが、青森県で栽培すると、11月中旬には収穫できるのでしょうか。それとも、グラニースミスのように、完熟しにくいのでしょうか。素人のあたしにはわかりません。
 貯蔵ができて、食感が好ましく、香りがよく、果汁も多く、甘酸適和の果肉のしっかりした、うまいリンゴです。糖度を測定したら17%ありましたが、酸度もあるので、甘く感じるよりは、濃い味に感じます。
 果実の外観は、円形〜円錐形で、果梗側の窪み(
こうあ=梗窪)に緑褐色の「さび」が見られます。萼側の窪み(がくあ=萼窪)付近も含めて、全体が濃赤色になります。但し、上の写真のように、こうあ側に黄色い部分が見られる果実も多くみられました。果実付近の葉を摘まないため、日影ができた結果です。
 
ニュージーランドが対日輸出をしているリンゴの一つで、2013年9月中旬に通信販売で購入しました。
 千葉県に住む娘の話では、店頭でも入手できるとのことです。

 パソコンで調べると、日本語では、エンヴイエンヴィーエンビーなどと書かれていますが、ここでは、エンヴィと書くことにしました。また、品種名Scilateの正しい日本語の表記がわかりませんが、サイレートと記しておきました。

 (文献)  1  赤田朝子 世界のリンゴ品種 平成25年度平成25年度 参観デー資料 
               青森県産業技術センターりんご研究所編 2013年9月4日
   2  東奥日報 2013年9月4日夕刊紙面
         県りんご協会・来年1月 若手農家ら80人派遣 NZ、シンガポールへ
   3

Envy(http://en.wikipedia.org/wiki/Envy_(apple)

   4  About ENZAhttp://www.enza.co.nz/about-enza/ 
   5  United States Plant Patent US PP20,477 P3 Nov. 10, 2009
(http://patentimages.storage.googleapis.com/pdfs/USPP20477.pdf)