樹上の果実
板柳町ふるさとセンターで撮影
2001年11月3日

 グラニースミスという品種は、日本ではあまり有名でありませんが、欧米では有名な品種です。
 オーストラリア、ニューサウスウェルズ州パラマタ河のエースウッド・リデェで、トーマス・スミス夫人によって偶然実生から育成された品種です。1868(明治元)年に、初めて市場で紹介されました。
Granny Smithは「スミスおばあちゃん」の意味でしょうか?
 スミス夫人はシドニー市場からジン酒の空き箱を数個もらってきましたが、その中にタスマニア産の腐りかけた
フレンチクラブというフランス品種のりんごが少し入っていました。このりんごの種子からの実生がこの品種だといわれています。したがって、花粉親は不明です。
 青森県りんご試験場が1934 (昭和9) 年にアメリカ農務省から穂木で取り寄せました。晩生のりんごで、青森県では完熟する前に冬がきてしまうことがあるようです。青森県より暖地に適した品種でしょうか。成熟期は11月中旬。

 大きさは中位、円形で果皮は緑色ないし黄緑色を呈しています。歯応えがあり、酸味が強いが風味もあるので、ケーキ、サラダ、パイなどの加工用に適しています。酸の効いた硬いりんごを好む方には生食もおすすめできます。
 欧米における主要品種の一つですが、日本のように甘いりんごを生食用としているところでは消費はなかなか伸びないのではないかといわれていました。しかし、パソコンで検索すると、欧米旅行記などにこの品種名が頻繁に登場します。この品種を使った料理を食べた人は一様にうまいりんごだといいます。肉食の盛んなところでは、酸味があるので、好まれるのでしょうか。
 フランスではホテル朝食に出されていました。上の写真にあるように、日本国内で見るよりずっと小形の果実でした。
 2004 (平成16) 年12月16日に、七戸町道の駅で購入しました。